毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

節約生活のコツ。これをやめたらいくら貯まるのか?

      2017/10/17

お金を貯めることは本当に大変です。
一方で、意識をしないと、お金はあっという間になくなってしまうのも事実です。

それゆえに、お金を貯めるためには、無駄だと思う部分はできる限りお金を使わないように意識することが大切だと思うのです。
具体例を示しながら、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

たばこの費用とは

毎日1箱450円のたばこを吸っている人の場合です。
1年間では164,250円のお金を支払うことになります。

しかしながら、たばこの本数を半分にすれば、1年間で82,125円の節約。
450円のたばこを1日1本減らせば、1年間で8,212円の節約が可能になるのです。

缶コーヒーの費用とは

120円の缶コーヒーを買っている人の場合です。
週5日、缶コーヒーを買い続けると、1年間では31,200円のお金を支払うことになります。

しかしながら、週5日から週3日の缶コーヒーを購入することにより、年間費用は18,720円。
また、週5日、大きいサイズのボトルコーヒーにすると年間費用は18,200円に節約することも可能になるのです。

スポーツ新聞の費用とは

130円のスポーツ新聞を購入している人の場合です。
週5日、スポーツ新聞を買い続けると、1年間では33,800円のお金を支払うことになります。

しかしながら、週5日から週3日のスポーツ新聞を購入することにより、年間費用は20,280円。
自分の好きなプロ野球球団が勝った翌日だけスポーツ新聞を購入すると年間費用は9,750円に節約することも可能になるのです。【年間75勝をした場合】

節約生活で気をつけなければいけないこと。

支出を減らす節約生活を試みることにより、お金が貯まりやすくなると私は考えています。

しかしながら、自分自身が本当に必要なモノまでも、節約対象にしてしまうとストレスがたまります。
そのため、必然的に精神的に辛い節約生活。

結果的に、節約生活が長く続けることができずに、諦めてしまう場合もあるのです。

スポンサーリンク

節約生活を長く続けるコツとは

私は、どうしてもタバコをやめることができないのであれば、続けるべきだと思います。
缶コーヒーが、毎日の生甲斐であれば、減らす必要もないでしょう。
スポーツ新聞を読むことを心から楽しんでいるのであれば、そのまま新聞を購入するべきだと考えています。

それゆえに、その人が本当に必要なモノは削るべきではありません。

しかしながら、惰性で購入してしまっているモノ。
見栄やプライドで購入しているモノは、本当に必要なモノではないとも考えています。

私が考えている「お金を貯めるために大切なこと」とは、モノを購入する時には本当に必要なモノを購入することです。
それゆえに、自分自身がなんとくなく買っているモノや、「安いというだけの理由」で買ってしまうモノを、なくすように心掛けることが大切なのです。

本当に必要なモノは愛着を持って使うことができます。
愛着を持っているため、丁寧にモノを扱います。
結果的に、それらのモノは長持ちするのです。

一方で、あまり必要でないモノは、愛着が湧かないために、取扱いが雑になります。
結果的に、買って後悔をしたり、それらのモノがタンスの肥やしになってしまうことが多々あるのです。

それゆえに、お金の使い方を考え直すことが大切です。
お金の使い方を学ぶと、お金が貯まりやすくなると私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 節約生活の考え方, 節約