毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

昼食代の節約。激安弁当には理由があること。

      2017/10/16

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%be%80%e8%b7%af%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5サラリーマンの小遣いは30,000円台ということです。
ちなみに私の小遣いは20,000円。

しかしながら、節約生活のためにお金がかかるのは昼食代です。
会社の近辺のレストランでは、昼食代金が1回800円以上。

月間22日間の外食になれば、17,600円。
大きな負担になります。

最近、お弁当の出張サービスを利用する社員が増えてきました。
その出前お弁当代は、配達料込みで、1食300円。
激安価格です。

個人的に、激安出前弁当の内容が気になりましたので、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

200円お弁当の中身とは

「新報道2001」では激安弁当特集がされていました。
その中で、200円の激安お弁当の原価についての説明がありました。

お弁当の原価↑白身魚フライ円弁当の原価率です。

食材の原価率は62%の123円。
人件費や容器は33%の64円
利益は5%の10円。
合計200円

ちなみに食材については米や野菜以外はすべて外国産。

御飯が40円
のり10円
白身魚のフライ20円
コロッケは中国産で13円
スパゲティが20円
野菜炒めが10円
つけもの10円
合計123円。

激安弁当は、商品原価率が約6割でした。
おそらく300円弁当も原価率は6割前後だと思われます。

お弁当について思うこと

激安な食材を使えば、値段が安くなるのは当然です。
しかしながら、安い食材には理由があると思うのです。

農薬をたくさん使った食材。
日本でなく、海外の食材。
賞味期限が近い食材。
揚げ物には古い油を使いまわし。

安いモノは、理由があると思います。
個人的には健康リスクを感じるのです。

人間にとって栄養バランスが大切です。

人間は、食べ物を食べて生きています。
それゆえに、栄養バランスを考える必要があると思うのです。
毎日食べる昼食だからこそ、日頃の積み重ねが大切なのです。

もちろん、たまの出前のお弁当であれば問題はないと思います。
しかしながら、毎日の出前のお弁当生活であればリスクが伴います。

●カロリー過多
●栄養バランスが崩れる
●古い油を使った食材

健康のリスクが高まると思うのです。

スポンサーリンク

手作り弁当はメリットが多々あります。

手作り弁当であれば、多くのメリットがあるのです。

●野菜中心のお弁当
●食材も日本産を厳選
●新しい油を使った揚げ物

安心してお弁当をいただくことができると思うのです。

そして、自分自身で作るのでコスパが最高です。

それゆえに手作り弁当はメリットが多いと思います。
これからも私は昼食も工夫をしながら、少しずつに無理をせずに貯金を増やしていきたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 節約, 日常生活の節約