毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

滝野すずらん丘陵公園で雪遊び。国内最大級の200mのチューブそりは最高です。

      2018/02/18

北海道で唯一の国営公園である「滝野すずらん丘陵公園」。
冬期(12月23日~3月31日)は入園無料で雪遊びができる「滝野スノーワールド」になるのです。

我が家も、無料で雪遊びを楽しんできました。

スポンサーリンク

滝野スノーワールドでできること。

チューブそりストレートコース(200m)
チューブそりストレートコース(100m)
ちびっ子そりコーナー
特設ちびっ子そりコーナー
ロープトウ
虹の巣ドーム

滝野スノーワールドの一番の特長は、大きなドーナツ型のゴムチューブで200mのロングコースを滑り下りる「チューブそりストレートコース」。
そして、「チューブそりストレートコース」も無料で楽しむことができるのです。

チューブそりストレートコース(200m)とは


滝野スノーワールドでは、無料でスノーチューブを貸出しています。
本当にありがたい話です。

ちなみに、この日は、天気は晴れ。
人気のチューブそりストレートコース(200m)の待ち時間は約40分でした。


大人や子どもは1人で乗ることができます。
3歳以下の乳幼児は、10歳以上の大人と乗らなければいけません。


無料でチューブを借ります。


チューブを借りると、無料のリフトであるロープトゥを使って、頂上に登っていきます。
子どもにとっては、ロープトゥに乗るだけでも大興奮。

大人にとっては、自分自身で頂上に登る必要がないので、大変助かります。


この日は、チューブそりストレートコース(200m)が3本。
チューブそりストレートコース(100m)が2本利用可能。

頂上に登ると、景色が最高です。


係員の方が、チューブそりを押して出発です。
「ちょっと強めでお願いします」とリクエストをすると、さらにスピードアップするのです。

チューブそりストレートコース(200m)は本当にスピードが早いのです。

小学生の娘と息子も「これは楽しい」と大興奮。
大人も迫力満点。


我が家は、チューブそりストレートコース(200m)を何度も楽しんだのでした。
【チューブそりストレートコース(100m)はあまりスピードがでません】

虹の巣ドームでひと休みもできます。

遊び疲れたら、室内の休憩所である「虹の巣ドーム」休むことができるのです。
こちらでは暖房がされている温かいお部屋。

さらに無料WI-FIの提供。
本当に助かります。

滝野スノーワールドに持参すべきモノ。

無料で遊べる滝野スノーワールドで持参するモノになります。

スキーまたはスノボーなどの雪遊び用のウェア
長靴
雪遊び用の手袋

ちなみに、我が家は、子ども用の雪遊び用のウェアがないために、現地で借りることにしました。

子ども用の雪遊び用のウェア(100㎝~160㎝)は1,540円(税込)でレンタル可能。
値段もリーズナブルなので、大変助かりました。
(大人用はありません)

滝野スノーパークの詳細


住所:〒005-0862  北海道札幌市南区滝野247番地
電話番号:011-682-6000
冬期営業期間:12月23日~3月31日
営業時間:9:00~16:00(雪遊びエリアは15時30分で終了)
入園料:冬季期間は無料。

札幌市内から滝野すずらん丘陵公園までの所要時間は、車で約1時間。
駐車場代は410円。
「チューブそりストレートコース」に一番近いのは東口駐車場になります。

電車とバスの場合は、地下鉄南北線「真駒内」から中央バス(102・真102)で約30分。
「すずらん公園東口」から徒歩約5分。

スポンサーリンク

滝野スノーワールドは最高の雪遊び場です、

チューブそりストレートコース(200m)は本当に楽しいと大人の私でも思います。
さらに、冬季期間は入園料金も無料なので財布にも優しいのです。

次回の札幌旅行の際にも、滝野スノーワールドには是非とも訪れたいと我が家では考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 家族旅行(札幌)