毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金をだまされた!本当に悲しい。私は反省をしています。の続き

      2016/02/06

ミッキー
今日も「毎日楽しく幸せに節約」にアクセスありがとうございます。

私は、7月下旬にハワイ旅行へ行ってきました。
アメリカに入国する際には、2つの書類が必要になります。
●パスポート
●エスタ
ちなみにエスタを取得するには
●自分でアメリカ大使館のホームページにアクセス
●エスタ取得の代行業者に依頼

自分でエスタを取得すればひとり14ドル(約1,700円)
代行業者に依頼をすれば、14ドル+代行手数料を支払う必要があります。

もちろん、アメリカ大使館のホームページから自分で簡単にエスタの申請ができますので、私は、アメリカ大使館のホームページにアクセス。
その日は、夜遅い時間のために、きちんとホームページを確認していませんでした。

スポンサーリンク

そして、2人分のエスタ申請後に、私は気がついたのです。
アメリカ大使館のホームページでなくて、間違えてエスタの代行業者のホームページにアクセスしていたのです。

しかも値段を確認。
なんとひとり7,400円。
代行業者の値段が高すぎる。
《代行手数料が普通は1000円から3000円》

自分で申請すると 1,700円
代行業者では   7,400円
差額       5,700円
私の場合は2人分 11,400円の代行手数料
しかもキャンセル不可。
間違えた代償はあまりに大きかったのです。
【ここまでは、以前にブログに書いた内容です。】

スポンサーリンク

しかし、私は、個人的に納得がいきませんでした。
それは、1人目の支払いの際に、クレジットカード番号の数字を1か所間違えて入力をしていたのです。
【クレジットカード番号をパソコンのエクセルに記載。そして、コピペで、クレジットカード番号をエスタ代行業者のホームページに入力していたため。】
そのため、翌日にカード会社に連絡。
状況を説明しました。

そして、8月中旬にカード会社から私宛に連絡がありました。
エスタ代行業者に確認をしたが、1人目のクレジットカード番号を間違えていない。
エスタ代行業者へのクレジットカードでの支払い拒否をした場合は、代行業者から、嫌がらせがある。という趣旨の内容。

クレジットカードのオペレーターの人に文句を言っても仕方がありません。
ただ、もうひとつだけ、指摘をしました。
「エスタ代行業者の最終的な決済の前に、クレジットカードの支払金額が明示されていないのはおかしいのでないですか?」
オペレーターからの回答は
「エスタ代行業者の問題なので、代行業者に問い合わせをして下さい。」

オペレーターの人も業務的に話している内容なので、諦めて、電話をすぐに切りました。
私は、完全に撃沈をしました。

私が学んだことは
●疲れている時は判断を間違える可能性が高い
●よく調べないで商品を購入すると、大金を払うことになる。
●人にスキがあると、このようなことになる。
●一度支払いをした場合は、お金は返ってこない。

このような節約ブログを書いているのに、恥ずかしい内容ですがお知らせをします。
アメリカ旅行の際には、エスタ代行業者には気をつけて下さい。
今後は、私のような人がいなくなることを期待しています。
代行手数料のひとり5700円は高すぎる(涙)

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちら→ブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら→人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金の失敗