毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

老後の生活でも大切にしたい考え方。病気になっても差がでてしまう理由。

      2019/06/08

老後に大病を患ってしまった人がいます。
個人的に考えさせられた出来事をお伝えします。

スポンサーリンク

リハビリを頑張らなかった人

60代前半の女性のAさん。
5年前に脳梗塞になってしまったのです。

手術は成功。
お医者さんからは、「毎日リハビリをするように」と言われていました。

しかし、Aさんは、リハビリをサボることが多かったのです。
そのため、現在では、自分自身で歩くことがほとんどできません。

車椅子の生活になってしまったのです。

リハビリを頑張った人

70代前半の男性のBさん。
3年前くらいから、手のしびれを感じるようになりました。

そして、1年前にはさらに悪化。
ご飯を食べる際には、そのしびれから、箸を持つこともできない状態に陥ったのです。

病院を受診すると、首の部分の血管が狭窄している。
このままだと破裂する恐れがあるということ。

Bさんは、すぐに手術。
無事、手術は成功したのです。

そして、ドクターからは「毎日リハビリをするように」と言われたのです。

術後は、Bさんは、ドクターのアドバイスを実行。
毎日、手のリハビリを続けました。

そうすると、徐々に手の動きが滑らかになってきました。
手のしびれは、若干残りましたが、箸を持つこともできるようになったのです。

そして、1年後に、手術をしたドクターから言われたのです。

「ドクターは病気を治すことが仕事です。それで50%は回復します。しかし、その後のリハビリを患者さんが頑張らなければ、病気を克服することができないのです。Bさんは本当にリハビリを頑張りました。」

Bさんにとっては、辛いリハビリ生活でした。
しかし、毎日のリハビリのおかげで、病気を克服できたのも事実なのです。

スポンサーリンク

努力をすることが大切です。

大病は誰にでも起こることだと思います。

そして、その後に差が出ると私は考えています。

リハビリを諦めてしまう人。
一方で、リハビリを頑張る人がいるのです。

私は、何事も諦めてしまうとすべておしまいと考えています。
個人的には、病気になっても、努力を続けていこうと、Bさんのリハビリ姿を見て、考えさせられました。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 老後