毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

老後に後悔をしたこと。おばあちゃんの発言を聞いて言葉を失ったこと。

      2019/05/10

老後に後悔をしたことがあります。
おばあちゃんのお話をお伝えします。

スポンサーリンク

退院をしました。

70代の女性のAさん。
Aさんは、夫について後悔をしているということです。

それは6年前の話です。
夫は徐々に元気をなくしていました。

そのため、食事も喉を通らない状態。
夫は、近くの総合病院に入院をしたのです。

入院中は、夫は、点滴を打たれている状態でした。
しかし、時間が経つと、徐々に元気を取り戻したのです。

ちなみに、夫は病院が好きではありません。
そのため、夫は担当医の先生にお願いをして、退院をすることになったのです。

退院をさせた理由。

Aさんは、夫が急に退院をしたことに驚きました。
なぜなら、自宅では、点滴を打つという処置ができない状態だったのです。

Aさんは、夫が退院した理由を確認するために、担当医に電話。
担当医は「患者さんが退院をしたいと話していたから、退院を認めた」と話したのです。

Aさんは、担当医に話しました。
「夫は点滴以外は何も食べられる状態でない。どのようにすればよいのか?」
「看護婦さんが点滴などを打つように処置をしなくては、夫は衰弱してしまう」

担当医は、夫を退院をさせたことにお詫びを入れたのでした。

何もしてくれませんでした。

Aさんは、その後、病院に点滴の依頼をしました。
しかし、病院は混み合っているので、もう少し待ってほしいとAさんに伝えました。

また、別の病院に連絡をすると、「処置をされている病院に依頼してほしいと」点滴を断られました。

そのため、夫は何も食べることができずに、点滴も打てない状態。

夫は2日後に体調を崩しました。
そして、救急車で総合病院へ。

しかし、残念ながら、夫は命を落としてしまったのです。

スポンサーリンク

理不尽なことが起きないように

理不尽なことが起きてしまう場合があります。
それゆえに、何か変なことが起きないように、常にチェック。
リスクを最小限にすることが大切なのです。

私自身も、不確かなことがあれば常に確認をする。
できる限り後悔をしないように、気をつけて行動をしたいとも考えさせられた出来事でした。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 老後