毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

夫婦仲が悪くなった理由

      2019/05/01

夫婦仲が良い場合と悪い場合があります。
ある夫妻の状況についてお伝えします。

スポンサーリンク

公認会計士の夫

公認会計士である旦那さんのAさん。
現在は30代。
ある企業に勤務しています。

ちなみに、Aさんは、若い時から苦労をしてきました。
大学には一浪をして合格。
留年も経験しました。

最初に入社した会社は、仕事内容は過酷で、安月給でした。

Aさんの主な仕事は、買収をした企業に乗り込むこと。
20代のAさんは、買収をされた社員から、冷たい目で見られることが多くありました。

そのため、Aさんは、傲慢な態度を決して取ることはありません。
多くの経験から誰に対しても低姿勢。
敵を作らず、誰とでもうまく接することができる人なのです。

お嬢様の妻

お金持ちの家で育った妻のBさん。
生まれた時から、順風満帆の生活を過ごしてきました。

実家がお金持ちなのでお金に苦労をしたことがありません。
好きなモノを好きなだけ買うことができました。
子どものころから英才教育。

Bさんは、お嬢様として育ち、一流企業に就職したのでした。

妻の言動に悩んでいます。

AさんとBさんは学生時代からお付き合い。
結婚することになったのです。

しかし、結婚をすると夫婦喧嘩ばかりするような家庭になってしまいました。

そして、その原因は、Bさんのわがままにあるのです。

BさんはAさんに話します。
「お金をちゃんと稼いでこないなら、旦那として失格。私の父親は、ちゃんとお金を稼いできた」
「旅行は安いホテルには泊まりたくない。今までの家族旅行は、ランクの低い宿には泊まったことがない」
「友人の旦那さんは子どもの面倒をみている。私も働いているのだから、夫が面倒をみるのは当然」

心の広いAさんは、妻の不平不満を聞いています。
しかし、あまりにも妻の暴言がひどいので、今後の将来について悩んでしまっているのも現実なのです。

スポンサーリンク

お互いに思い遣る心が大切です。

夫婦だから好き勝手に、相手を傷つけるようなことを言ってしまうことには問題があると私は考えています。
夫婦仲を良くするためには、お互いに思い遣る心が大切なのです。

妻であるBさんは、苦労を知りません。
それゆえに、相手を思い遣る心が欠けていると思うのです。

私自身はBさんを反面教師として、相手を敬うことを忘れずに生きていきたいと考えさせられました。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金が貯まる考え方