毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

子どもから言われてショックだったこと。私が反省したこと。

      2019/03/22

子どもに言われてショックだったこと。
私自身が反省をしたことをお伝えします。

スポンサーリンク

お金に余裕がありませんでした。

長女が小学校の頃の話です。

私が外資系企業から国内企業に転職。
給料が激減したのです。

それゆえに、日々の生活は苦しくなりました。

毎月の収支は赤字。
赤字の部分を、ボーナスで補てんをする状況に陥ったのです。

そのため、生活費を切り詰める必要がありました。
無駄な部分を抑えるようにしたのです。

そして、その影響は、子どもにも及びました。

小学生の長女が、●●がほしい。と言うこともありました。
一方で、我が家は、お金がない状態。

それゆえに、長女には「また次のときね」「今度ね」と答えるようになったのです。

子どもから言われて反省をしたこと。

長女は、中学生になりました。
長女自身の意見もはっきり言えるようになったのです。

そして、ある日、長女が、私に打ち明けました。

「小さい時に、●●を買ってほしいとお願いをしても、パパは「今度ね」「また次にね」とよく言っていた。その言葉を聞くと、絶対に、そのモノは買ってくれないと考えていた」

私は、「また次のときね」「今度ね」という言葉を発していました。
しかし、その言葉は実現されません。

それゆえに、長女は親の言っていることは、「また次のときね」「今度ね」という言葉は「嘘だ」と感じていたのです。

スポンサーリンク

理由をきちんと伝えるべきだと反省をしました。

子どもから、「●●がほしい」「●●を買って」と言われることがあります。
その際には、曖昧な言葉を言うのではなく、わかりやすく、相手に理由を伝えるべきだと感じたのです。

曖昧な返答をすれば、子どもは、親に対して不信感を抱きます。

私自身は猛省。
できない場合には、子どもに理由をきちんと伝えるべきだと考えさせられました。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金の失敗