毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

努力をしても生活が改善されない理由。

   

一生懸命に働いている。
それでも、生活が改善されていない人が多いと私は考えています。

その理由をお伝えします。

スポンサーリンク

企業は儲かっています。

2007年度を100とした場合です。

全企業の売上高合計は2009年度に84.7まで下落、
その後は一度も100.0を回復していません。

そして、利益合計も2008年度18.1と大幅に下落したのです。

しかし、その後は、2013年度に100.0を回復。
2017年度の利益合計は162.0まで伸ばしているのです。
(上場企業の利益合計が165.6、非上場は158.4)

日本企業は、2007年度と比較をしても、確実に収益を上げているのです。

儲かっても利益を社員に還元をしていません。

日本企業は利益を上げることができるようになりました。
確実に景気回復をしている状態なのです。

しかし、企業は、その利益を社員に還元することをしていません。
企業の資産である「内部留保」として貯め込んでいるのです。

2012年度は304兆円
2015年度は377兆円
2017年度は446兆円

2012年と比較をしても、140兆以上の利益を増やしているのです。
一方で、労働分配率(企業の粗利益に対する人件費の比率)は増えることはありません。

それゆえに、企業は儲かるが、社員の生活は改善されない。
どんなに頑張っても、苦しい生活から抜け出せない人もいるのです。

スポンサーリンク

企業の賃上げ要請をさらにするべきです。

今年度も、政治家から経済界に賃上げ要請をされました。
それは、利益を上げている会社が、社員に還元をしないのだから、当然のことだと思うのです。

それゆえに、早急に企業は社員に利益を還元すること。

本当の景気回復とは、日本全体の暮らしがよくなってから。
一部の人だけが利益が集中する世の中は、おかしいと私は考えています。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金が貯まらない