毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

日々の生活が苦しい理由。

      2018/11/01

日々の生活が苦しいというお話をお聞きしました。
個人的に考えさせられたことをお伝えします。

スポンサーリンク

都内に在住の新婚カップル

30代前半のAさん。
2年前に結婚をしました。

奥様も働かれているということで、2人合わせると世帯月収は約35万円。
新居は、お互いの職場に近い、都内のマンションの賃貸にしたのです。

ちなみに、マンションの家賃は月に14万円。
Aさん夫妻は、家賃は高いのは、都内なので仕方ないと考えていたのでした。

お子さんが誕生しました。

Aさん夫妻は、半年前に女の子が生まれました。
そうすると、毎月の家賃が大変きついと感じ始めたのです。

Aさん自身は、倹約生活を心掛けています。

お酒はほとんど飲みません。
タバコも吸いません。
クルマも所有していません。

それでも、14万円の家賃は大変高いと考えているのです。

一方で、奥様も家賃は高いと考えていますが、現在の場所は大変便利ということ。

お店がたくさんあり、買い物にも困ることはありません。
都心部にも近いために、友人と遊びに行くことも容易です。
現在の勤めている会社にも近く、通勤にも便利です。

また、近所の人達と仲良くなり始めたので、これから他の場所に引っ越しをすることを嫌がっていることなのです。

スポンサーリンク

夫婦の溝を埋めることが大切です。

私自身も、理想は、会社の近くの場所に住むこと。
通勤時間を短くしたいとも考えています。

一方で、現在の収入。
今後の収入を考えると、家賃の高い都心には住むことはできないと考えているのです。

それゆえに、夫婦の考え方の違いを埋めるためには、お互いに話し合うことが大切だと考えているのです。

もし、Aさん夫妻が、現在の場所に住み続けるのであれば、必死にお金を稼ぐ努力をする。
一方で、難しいのであれば、家賃の安いエリアに引っ越しをする。

お金の揉め事を減らすためには、なるべく早く夫婦の溝を埋めるための話し合いをすることが大切だと私は考えさせられました。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金が貯まる考え方