毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

介護は過酷。他人は無責任である。

   

親の介護は肉体的にも精神的にも大変だと感じています。
個人的に考えさせられた出来事をお伝えします。

スポンサーリンク

親の介護を続けました。

40代前半の女性のAさん。
Aさん自身も仕事を持っており働いていました。

それは、子どもの教育費を工面するための共働き。
仕方がないことだと考えていたのです。

しかし、70代前半の義母が脳梗塞で倒れてしまいました。
そのため、Aさん夫妻は、義母との同居を決意したのです。

親の介護は限界に達しました。

Aさんは、仕事をしながら、義母の介護を続けました。
しかし、仕事と介護と子育ての3つをこなすことは本当に苦痛なことだったのです。

さらに、夫も多忙のために、家に帰ってくるのは深夜という状態。

Aさんは、義母の介護を本当に頑張りました。
しかし、義母の介護は肉体的に限界に達しました。

そのため、Aさん夫妻は、義母を近くの老人ホームに預けることにしたのでした。

親戚からの嫌味がはじまりました。

Aさんは、義母の介護に対して努力を続けてきました。
それでも、限界に感じて、義母を老人ホームに預けることにしたのです。

そうすると、周りの親族が、Aさんを批判するようになったのです。

今までお世話になったのに、義母の世話をしないのはおかしい。
老人ホームに預けるとは失礼だ。
義母の介護をせずに、働いていることに疑問を感じる。

Aさんは、親族の暴言に苦痛を感じたのです。

しかし、親族はAさんに暴言を浴びせるのですが、一切、Aさんの介護の手助けをしようとすることはありません。
もちろん、金銭面の援助も一切ありません。

Aさんにとって、義母の親族は、ろくでもない人だらけだと感じたのでした。

スポンサーリンク

介護について感じること。

私は、両親が介護をしている姿を見てきても、介護の負担は並大抵でないと感じています。
それゆえに、できる限り、使えるサービスは使うべきだと考えているのです。

「デイケアを利用」
「施設に入居」

本当に大切な人は、困っている時に手助けをしてくれます。
一方で、無責任な人は、困っている時にも、批判だけをする人なのです。

私自身も、介護が必要な状態になった場合には、周りの親族に迷惑を掛けないように「デイケアを利用」や「施設に入居」することも考えています。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 老後