毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金をケチるとさらに大きな損をすること。

      2016/10/22

家族医療機器メーカーの営業の人で60代前半の人がいらっしゃいます。
お得意先さんとの飲み会でお話をする人です。

その人から、ある悩みを打ち明けられました。

遺産相続について

その人の両親は、数年前にお亡くなりなったといことです。
生前は、その人が、ご両親を看病。
すべての面倒をみたということ。

しかし、ご両親がお亡くなりになった後に、その人の弟から、遺産相続の電話がかかってきました。

ご両親が健在の時には、何も助けてくれなかった弟ということ。
その人は、遺産を渡したくないという考え。

最終的には、遺産相続の裁判。

法定相続分を、その弟にお渡ししたといことです。
その人は、弟が、ご両親の面倒をみなかったことに腹を立てていました。

スポンサーリンク

弟が再婚することになりました。

その弟さんが、再婚することになりました。
お兄さんとしては、弟に憤慨しているということ。

そのため、ご祝儀を渡す気持ちになれないというお話を聞いたのです。

冠婚葬祭は必要なお金だと思います。

私は、冠婚葬祭は必要なお金だと思います。
そのため、その弟さんに、ご祝儀を渡さないことは得策でないとお伝えしました。

恨みを買う行動は、相手に恨みしか与えません。
その恨みが、さらに恨みを助長させます。

私は、悪循環のサイクルはよくないと考えています。

そのお兄さんは、弟さんとの付き合いが今後もあるかもしれません。
ご祝儀をケチることにより、弟から誹謗中傷を受ける可能性があると思うのです。
私は、弟さんにご祝儀を渡すことを提案しました。

スポンサーリンク

ご祝儀を渡すことに決めました。

そのお兄さんは、私の言葉を聞いて、ご祝儀を渡すことに決めました。
そして今までのモヤモヤが消えてなくなったといことです。

個人的には、ご祝儀はケチらない方がよいと思っています。

すべてのケースには当てはまらないとは思いますが、人間関係は大切だと思います。
お金をケチることによって、人間関係が崩壊する可能性もあります。

私は、冠婚葬祭は、常識の範囲内でのお金を使うべきだと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 老後