毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金の投資方法を間違えた悪い例。

      2017/10/13

91最近は、団塊の世代の方が、退職される年齢になっていると思います。
そのため、多額の退職金を受け取る方もいらっしゃいます。

私の知り合いの方も、60歳で定年を迎えました。
その人の退職金は1000万円。
私は、その人から、何度か退職金の使い方の相談を受けていました。

投資をすれば儲かると思っている。

その人は、日本の高度成長時代を経験した人です。
今までの投資も、比較的にうまくいった人でした。

そのため、1000万円の退職金を、不動産に投資したいということ。
1000万円を銀行に預けても、ほとんど金利もつかないのでもったいないという意見。

私は、不動産投資をするのであれば、

●近隣地域が開発されていく魅力的な物件。
●地価が下がりにくい物件
●購入物件が地域相場よりも安く設定されている物件

を購入すべきだとお伝えしました。

スポンサーリンク

不動産業者の言われる通りにマンションを購入しました。

その人は、1000万円の退職金を使って、1000万円のマンションを購入しました。

不動産業者から元値より50万円の値引きがあったということで喜んでいました。

しかしながら、その場所は、空き家率が15%以上の地域
【日本では空き家率が10%くらい】

しかも、今後も、その地域は、近隣に魅力的な施設がないために、値下がりの可能性がある地域。
マンション経営の物件としては、大変厳しい場所でした。

スポンサーリンク

入居者が半年以上決まりませんでした。

そのマンションには、入居者が半年以上決まりませんでした。

残念ながら、相場より販売物件が高い価格だったために、そのマンションで利益を出すのは、20年以上も必要になります。
また、その間に、大規模修繕工事などの可能性もあるために、不採算物件です。

退職金などの大金を手に入れた場合は、お金の使い方を間違えると大変危険です。
業者の方の言われる通りに、投資をしても、誰も元本を保証してくれません。

衝動買いをせずに、信頼できる人の意見を参考にして、モノを購入することが大切だと思います。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お金について, お金の失敗