毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

老後の後悔。若い時に心掛けなかったこと。

      2019/12/05

老後を迎えて後悔をしたことがあります。
個人的に考えさせられた内容をお伝えします。

スポンサーリンク

老後の後悔

72歳の男性のAさん。
現役時代から努力を続けてきました。

年収は最大で約1000万円。
お金には困らない生活を送っていたのです。

さらに、体調管理は大切だと考えていたAさん。
日頃からのジョギングなどの習慣があり、体力には自信があったのです。

しかし、そんなAさんでも老後を迎えて後悔をしたことがあります。

それは、歯の大切さに気がついたことが遅かったこと。
Aさんは50代になり、歯のケアを入念に行うようになりました。

それでも、若い時からの歯の手入れをおろそかにした代償は大きいということ。

72歳のAさんの歯は4本ほど抜けてしまっているのです。

本当はインプラントをしたいと考えているAさん。
それでも、1本30万円という大金は、老後生活には大きな負担です。

さらに、他の歯もグラついているということ。

そのため、食事を食べる時にも、歯を気にしながら食事をする状態。
Aさんは、若い時から歯を大切にすべきだったと後悔をしているのでした。

口の中は汚れています。

歯磨きをすると、口の中の汚れの約60%を除去できると言われています。
その後に、歯間ブラシやフロスを使用することにより、口の中の汚れの約80%を除去できます。

しかし、どんなに頑張っても、約20%の口の中の汚れは、除去することができないのです。

それゆえに、口の中をお手入れを怠ると、老後を迎えて、歯が抜けてしまう人や虫歯になってしまう人がいるのも事実なのです。

歯槽膿漏や虫歯を減らすためには

通常の歯磨きでは、歯と歯の間に挟まった、汚れを落としきることはできません。
一方で、ドルツのジェットウォッシャー(EW-DJ61-W)は、歯に向かって強い水流が一直線に飛びだします。
そして、その水流をそれぞれの歯の間や根元に当てていくのです。

そのため、歯磨きやフロス・歯間ブラシでは落とすことができない、歯と歯の汚れも落とすことが可能なのです。

パナソニックのドルツのジェットウォッシャーの効果とは

パナソニックのドルツのジェットウォッシャー(EW-DJ61-W) を約3年間使用しています。
私は3つのメリットを感じたのです。

1 歯が白くなりました。

最初にドルツのジェットウォッシャーを使用して感じたことは、歯が白くなったことです。
今まで歯磨きをしても、取りきれなかった汚れが、水圧によって歯を白く奇麗にしていくのです。

私は水流の凄さを感じさせられたのでした。

2 歯と歯の食べカスがすべて取れるようになりました。

ジェットウォッシャーを使用後に、フロスを使用しても、食べカスが取れることがなくなったのです。
つまり、ジェットウォッシャーが、歯と歯の間の食べカスをすべて落としてくれているということ。

歯周ポケットも奇麗にしていると感じているのです。

ジェットウォッシャーのおかげで、今まで取れなかった汚れを取ることができるようになったのでした。

3 歯茎が引き締められました。

ジェットウォッシャーを使用することにより、歯茎が引き締められるのです。
歯茎が弱い人だと、出血することもあるということ。

しかし、ジェットウォッシャーを使えば使うほど、歯が引き締められます。
これにより歯周病ともお別れできると私は考えています。

スポンサーリンク

パナソニックのジェットウォッシャーはおすすめです。

できる限り自分の歯を大切にしたいと私は考えています。
しかしながら、歯ブラシや歯間ブラシやフロスを使用しても、口の中の汚れを取ることができないのです。

それゆえに、多くの汚れを落とすことができる、パナソニックのドルツのジェットウォッシャー(EW-DJ61-W) はおすすめです。

私自身は、自分自身の歯をできる限り大切にしたいと考えています。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 健康