毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

幸せな老後と不幸せな老後。おばあちゃんから教えていただいたこと。

      2017/10/13

バンザイ老後生活を過ごしている人でも、幸せな人と不幸せな人がいます。
誰でも、幸せな老後を過ごしたいと思っていると思います。

どのようにすれば、幸せな老後生活を送ることができるのでしょうか?

ある80歳代のおばあちゃんから教えていただいたことがあります。

80歳のおばあちゃん

その80歳のおばあちゃんは、年金生活を送っています。
年金があるために、なんとか暮らせていけるということ。

しかしながら、大変残念なことがあるということです。
そのおばあちゃんは、10年前に、すべての歯を失ってしまいました。

年金生活でお金をなんとかやりくりをしているため、インプラントにすることもできません。
【すべての歯をインプラントにすると500万円以上は必要です。】

そのため、総入れ歯の生活になってしまいました。

そのおばあちゃんは言いました。

天然の歯と比べると、租借力が弱くなってしまった。【天然の歯と比べると20%くらい】
硬い食べ物が食べられなくなってしまった。
口の中で違和感がある。
食べたカスが挟まると痛い。

食事が以前よりおいしく感じられなくなってしまったということです。

スポンサーリンク

虫歯予防には歯磨きとフロスを使おう。

老後になっても、虫歯や歯槽膿漏にならないようにするためには、毎日の歯磨きが大切です。
しかしながら、毎日の歯磨きでは、歯の中の汚れが50%~60%くらいしか落とせません。
なぜなら、歯ブラシだけでは、歯と歯の間の歯垢を取ることができないからです。

歯と歯の間の歯垢を取るためには、フロスや歯間ブラシが必要になります。
ちなみに、フロスや歯間ブラシで、歯の中の汚れは、80%くらいを落とすことができます。

そして、フロスや歯間ブラシで落とせない部分に関しては、定期的に、歯医者さんで歯石取りを行いましょう。

私も、毎日、ハミガキ10分以上をしています。
しかし、その後にフロスを使用しても、歯と歯の間から、食べカスが取れるのです。

それゆえに、ハミガキの後には、フロス(又は歯間ブラシ)を使用することをおすすめします。

私は、歯磨きの後に使用している製品とは

フロスは
リーチ デンタルフロス ワックス
ちなみに、こちらのフロスは、シェアNO1.
私も、他の会社のフロスを使用しましたが、こちらが、一番耐久性がありました。

マウスウォッシュは
コンクールF
仕上げは、薬用マウスウォッシュのコンクールFを使います。

コンクールFは、全国歯科医院での売上シェア75%を占めるナンバーワンブランド。
虫歯の発生および進行の予防。歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口臭防止の効果があります。

しかも私がお気に入りなのは、値段が安く、コスパが大変良いことです。
1本は定価が1,000円で360回~700回使用できます。
マウスウォッシュ1回が約2円と大変経済的。
【この商品はドラッグストアでは値引き販売をほとんどしていません。】

はっきり言って、他のマウスウォッシュより断然お得なのです。

スポンサーリンク

歯を大切にしましょう。

歯は、本当に大切です。
老後を迎えて、貯金はたくさんあっても、自分自身の歯をすべて失ってしまってしまえば、食事の楽しみもなくなります。

若い時から、歯磨きとフロスとマウスウォッシュの習慣を身に付けましょう。

私も毎回10分以上の歯磨き。
フロスを使って、歯の間の汚れを落とします。
そして、最後には、コンクールFでマウスウォッシュ。

将来、後悔をしないためにも、歯を大切に。
今からの歯の予防が本当に重要だと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 健康