毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

病気のリスクを減らすために大切なこと。お医者さんのアドバイス。

   

病気のリスクを減らすためには、血管はとても重要な役割を果たしていると思います。

お医者さんの話を聞いて、個人的に考えさせられた出来事がありました。
その内容をお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

血管とは

血管には血液が流れています。

血液は体に酸素や二酸化炭素を運搬。
さらに、栄養素やホルモンや代謝物を運ぶ重要な役割を果たしているのです。

血管は血液を送るためのパイプラインであり、必要不可欠な存在でもあるのです。

血管が破れてしまうとどうなるのか

血管は、傷つけられたり、破損したりする場合があります。
破損した場所によって、病気の症状が違ってくるのです。

脳の血管が詰まったり、破損をすれば脳梗塞。
心臓の血管が詰まったり、破損をすれば心筋梗塞。
眼の血管が詰まったり、破損をすれば閉塞症。

ちなみに、どの血管が破れたり、破損をしたりするかは、わからないのです。

血管が弱くなる人

年齢を重ねれば、血管が弱くなってしまいます。
しかし、若い時から血管を弱くしてしまう行為があるのです。

そのような人は、「バランスの悪い偏った食事」「濃いめの食事」「暴飲・暴食」「喫煙」など不摂生な生活を送っている人なのです。
そして、血管を弱くしてしまう人は、若いから自分だけは大丈夫だと無理をしてしまう傾向があるのです。

しかし、そのような不摂生な生活は、血圧を上昇させます。
血圧の上昇により、徐々に血管にダメージを与えます。
血管が徐々にダメージを与えられることにより、血管が詰まったり、破れたりするのです。

そして、破損したり、詰まった場所により、脳梗塞や心筋梗塞や閉塞症を発症。
運が悪いと、命を落としてしまう可能性があるのです。

スポンサーリンク

お医者さんのアドバイス

血管が弱くなってしまう人は、不摂生な生活をしている人が多いのです。

血管は、予兆もなく、破れてしまう場合もあります。
破れてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうのです。

脳梗塞や心筋梗塞や閉塞症を患うと、制限付きの生活を一生強いられる可能性があります。
そして、回復することができない状態に陥るのです。

それゆえに、血管に負担をかけないためにも、「3食バランスの良い食事」や「禁煙」をすることが重要です。
一生後悔をしない人生を送るためには、病気のリスクを減らす生活を心掛けることが大切だと私は考えています。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 健康