毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

アラフォーで倒れた人。体調を壊した人の特徴。

      2016/02/05

91今日もブログへのアクセスありがとうございます。

残念ながら、私の身の回りの人でも、40歳くらいから大病を患ってしまった人がいます。
なぜ、病気になってしまったのでしょうか?
個人的には40歳以上は、病気に注意する年齢だと思います。

緑内障になってしまった人

私の知り合いの方で、緑内障になってしまった人がいます。
その人は、医療機器のルートセールス。
しかも、眼科さんを中心に訪問している方でした。

ちなみに緑内障とは、40歳以上の17人に1人が発症する病気です。
眼の眼圧が通常よりも高くなってしまい、視力が下がってしまう病気なのです。

しかも、この病気は、治ることはありません。
緑内障とわかっても、薬で病気の進行を抑制することしかできないのです。
そのため、眼科さんでは、40歳以上の方は、1年に1回の定期検診を推奨。

ちなみに、自分自身で緑内障を発見することは難しいのです。
悪くなるまで、自覚症状がほとんどありません。
自覚症状がある時は、視力が相当落ちてしまっている時なのです。

そのため、1年に1回の定期検診。
早期発見と早期治療が必要なのです。

しかし、その方は、40歳を過ぎても、眼科さんの定期検診を受けていませんでした。
そのため、緑内障が進行。
自覚症状があった時には、手遅れに近い状態。

その方は、ほとんど視力が見えない状態になり、会社を退職することになりました。

幸いに、保険に入っていたために、お金には苦労をしませんでした。
しかし、視力のほとんどを失ったために、日常生活は、苦労をしています。

40歳を過ぎてからの、眼科さんの定期検診は本当に大事だと思います。

スポンサーリンク

くも膜下出血になってしまった先輩

私の会社の先輩で、大変まじめな人がいました。
お客さんの評判も良い方です。

しかし、その方は、他の人より食欲旺盛でした。
他の人の2倍以上の食欲があり、食事の時には、大盛りでなく、特盛りを注文していました。

その方が40歳になり、状況が変わりました。
慢性的な頭痛に悩まされたのです。

近所の病院で検査。
それでも、状況が良くなりません。

そのために、大学病院でも検査。
その先生は、CT検査しましたが、異常を発見できませんでした。
ということで、頭痛の痛み止めを処方されました。

しかしながら、その2日後に、クモ膜下出血を発症。
その先輩は、命は助かることができましたが、脳に障害が残ってしまいました。

そのため、新しい記憶が全く覚えられない状態。
社会人として働くことも不可能です。

また、その半年後に、その奥様とも離婚をしてしまいました。

スポンサーリンク

アラフォー以降では病気にならないように注意することが大切です。

私は、アラフォーになり、病気になる人を拝見しています。

病気になってしまう人の特徴とは

●若い時から不摂生をしている人
●定期的に運動をしていない人
●アラフォーになっても、病院の定期検診を受けていない人

病気になるリスクを避けるには、日頃の行動が大切です。
アラフォーになると、今までの不摂生が、体に悪影響が及ぼす場合が多くなります。

一度、病気になると、回復することが不可能な場合もあります。
自分自身の体を大切にして、家族、子供たちにも迷惑をかけないようにすべきだと思います。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 健康