毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

教育格差。公立でも負けない。子供が実践して確実に力をつけていること。

      2017/10/12

学習01教育格差は深刻な問題だと思います。
お金のある人は、大手の塾に通っています。
また私立の学校に通う人も多いと思います。
さらに高いレベルの私立の学校は、先取り教育。
特に英語は、大きな差があるのが現状です。

公立では、本格的な英語の授業は、中学校1年生からだと思います。
高いレベルの私立小学校では、小学1年生から授業を開始。
お金持ちと、そうでない子供達の差は、英語に関しては、6年間の差があるのです。
本人が努力と対策をしても、6年間の差を埋めるのは、至難の業でないかと思います。
親による所得格差で、子供達の進路がある程度決まってしまうと感じます。

スポンサーリンク

英語の問題は、日本の文部科学省の教育システムでは、仕方がないことだと感じます。
しかしながら、親としてはなんとかしたいのが本音です。

私は、通常の生活では、節約を心掛けながら生活。
しかし、教育費は、ある程度お金を使っています。
私は、現在、3人の子供達がいます。
その3人の子供達には、4歳から公文式の教室で英語を学習。
【幼児と小学生の月謝は 6,480円】
【我が家は、英語に関しては、毎月19,440円の学費】

個人的には、クモンの英語は、学習効果が期待できます。
先生方も大変熱心です。
さらにクモンの英語で素晴らしいのは、イーペンシルという学習機器。
イーペンシルの先端を英語教材の音声マークにタッチすると、英語の音声が聞こえるのです。

私の子供達は、毎日、クモン式の英語のリスニングと読み書きの宿題。
昨年、10歳の長女は、英検5級に合格しました。
リスニングテストは8割以上が正解。
まさに、イーペンシルの効果だと思います。
来年は英検4級を受験する予定です。

スポンサーリンク

私は、基本的にはこれからも節約を続けます。
しかし、将来の子供達の知識や知恵になるようなことは、お金を重点的に配分します。
教育に関しては、先行投資をして、できる限り教育格差を減らしたいと考えています。

節約できる部分は、努力をします。
投資をする部分は、お金をケチりません。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 勉強・教育