毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

子どもの反抗期

      2019/10/01

子どもには反抗期をむかえる場合があります。
個人的に考えさせられた出来事をお伝えします。

スポンサーリンク

親にとって反抗期は辛い。

Aさんの息子さんは、中学生の時に反抗期をむかえました。

親が何を言っても、息子は言うことを聞きません。
言葉使いが悪くなります。
反抗的な態度を示すのです。

Aさんにとっては、毎日が本当に辛い日々。
考えれば考えるほどに、悩みが増えていきます。

そして、どのような対応をしても、子どもは親に反抗をするのです。

Aさんは、何をしてよいかわからなくなったのです。

反抗期の子どもの意見を受け入れると楽になりました。

Aさんは、憂鬱な日々を送っていました。
それは、何を言っても言うことを聞かないのです。

しかし、ある日、Aさんは、考え方を変えたのです。

息子は、このような対応が当たり前。
深く考えるのは止めよう。

そうすると、Aさんの気持ちが楽になりました。
子どもの意見を、素直に受け入れるようになったのです。

ちなみに、Aさんの態度が変わると、息子の態度が徐々に緩和されました。
そして、息子の反抗期が終わったのです

Aさんは、息子の反抗期を経験して、ありのままの息子を受け入れずに、否定をしていたと感じました
そのため、息子はその行動に反抗。
子どもの心は傷ついていたと思ったのです。

それゆえに、反抗期をむかえた場合は、子どものそばにいて、そっと見守る。
相手を受け入れることが大切だと実感したのです。

スポンサーリンク

反抗期とは

反抗期をむかえるお子さんがいます。

その場合には、子どもの自我が成長。
子どもが順調に育っていることだと私は感じているのです。

それゆえに、反抗期をむかえた場合は、そっと子どもを見守ること。

子どもを支配するという考え方の脱却が、子どもの反抗期を終わらせる手段だと私は考えさせられました。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 子育て