毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

新聞を読まなくなるとわかったこと。

      2019/04/10

新聞を読まなくなるとわかったことがあります。
個人的な意見をお伝えします。

スポンサーリンク

新聞の定期購読をやめました。

2018年まで我が家ではA新聞を定期購読。
その当時は、基本的にA新聞とテレビとインターネットから情報を仕入れていたのです。

しかし、徐々に新聞を読まなくなってきました。
また、新聞定期購読代金の4000円/月がもったいない。

そのため、我が家では、新聞の定期購読をやめたのでした。

新聞を読まなくなるとわかったこと

私自身が新聞を読まなくなると、インターネットからの情報を仕入れることが増えてきました。

ユーチューブで放送されている、虎ノ門ニュース、ニュース女子。
文化放送の「おはよう寺ちゃん活動中」、
ニッポン放送の「飯田浩司のok cozy up」

そうすると、新聞社によっては、嘘と偏向と他国からのプロパガンダに使われている新聞社もあるとわかったのです。

慰安婦強制連行の作り話を書かせた新聞社。
関西生コンの問題を報じない新聞社。
中国からお金をもらっていると疑われている新聞社。

事実の一部を切り取り、国益に反するミスリードを意図的に行っていると疑わられる新聞社もあるのでないかと私は感じるようになったのです。

スポンサーリンク

信頼回復をしないと発行部数が減り続けると考えています。

1997年には、新聞社の発行部数は、約5377万部まで達しました。
しかし、2018年に3990万部まで落ち込んだのです。

最盛期よりも、徐々に新聞発行部数が落ち込んでいる理由は、報道の信憑性だと感じています。

今までは、嘘と偏向と都合の悪い真実を報道しなくても、国民は誰も気がつきませんでした。
一方で、現在では、新聞を読まなくても、本当の情報を仕入れることができるようになってきたのです。

私自身は、新聞社が嘘や自分たちの主張に都合の良い事実だけ拾って書くことが続く限りは、これからも新聞の発行部数が減り続けると考えています。

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 個人的な意見, 日々の生活