毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

指原莉乃さんが永久コンタクトレンズの手術。個人的に疑問に思っていること。

      2018/03/10

HKT48の指原莉乃さんは、「永久コンタクトレンズの手術」をしたということです。
個人的に考えていることをお伝えします。

スポンサーリンク

指原莉乃さんは永久コンタクトレンズの手術をしました。

指原莉乃さんは自身のツイッターで永久コンタクトレンズの手術をしたということを報告しました。

「ICL」という手術をしました!
朝起きた瞬間から目が見えて、朝甘えてくる飼い猫の姿を見たときに泣きそうになりました。

それだけでやってよかったと。

あとはドライアイ、ひどい充血が全くなくなった!
コンタクトがあってなかったからなんだなあと。

3月7日の指原莉乃さんのツイッターから

視力矯正手術について

医療業界に従事している私にとっては、視力矯正手術に懐疑的なのです。

10年前くらいに、レーシック手術が大流行。
平成20年には45万人の手術を受けました。

しかし、その当時、私は眼科医の方々から、レーシック手術の後遺症で悩んでいる人が来院しているとも聞いていたのです。

手術後に目が乾く。
モノが二重に見えるようになった。
光がまぶしく感じる。
視力矯正をしたが、再度、視力が悪くなった。

そのため、レーシック手術を受ける人は徐々に減少。
平成26年には5万人になったのでした。

スポンサーリンク

短期的ではなく長期的な視点で考えることが大切です。

「ICL」手術は、レーシック手術より安全だと言われています。
しかし、それは短期的な視点。

10年後や20年後には何が起こるかわからないのです。

ICLという素材を眼に挿入することにより、合併症が発生するかもしれません。
白内障を促進する可能性もあります。
ICLの素材が、将来的には劣化して、レンズ自体が曇ったりするリスクもあるのです。

そして、「ICL」の手術後に、視力が悪くなってしまった場合は、度数変更のために再手術。
または、メガネやコンタクトレンズを併用する生活に後戻りする可能性もあるのです。

それゆえに、短期的な視点より、長期的な視点で考えるべきだと思うのです。

個人的には、「ICL」手術が20年以上経っても問題がないようであるのであれば、「永久コンタクトレンズ」と名乗るべきだと思います。
そして、メガネやコンタクトレンズの代替品として、さらに使われるようになるのでないかとも考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 個人的な意見, 日々の生活