毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

貧乏と言われて育ったおじいちゃん。私が言葉を失ったこと。

      2018/01/16

幼少期に貧乏暮らしをしていたおじいちゃんがいます。
個人的に考えさせられたことをお伝えします。

スポンサーリンク

貧乏暮らしをしていたおじいちゃん。

現在70代のおじいちゃん。
幼少期から家にはお金がなく貧乏な暮らしをしていました。

欲しいモノは買うことはできない暮らし。
欲しいモノを親に言っても、お金がないからダメと言われ続けました。

そのため、毎日が我慢の連続だったのです。

そして、小学校を卒業して、中学校に入学。
中学校を卒業後には、高校に進学したいと考えていました。

しかし、家にはお金がありません。
そのため、親には高校進学を諦めてほしいと懇願。

働いてお金を家に入れてほしいとお願いされたのです。

そのため、本当は高校に進学をして勉強をしたかったのですが、「お金がない」という理由で就職をしなくてはいけない状況に陥ったのでした。

おじいちゃんは今でも人生をやり直したいと考えています。

おじいちゃんは、中学校を卒業。
お金がない暮らしと決別をするために、猛烈に働きました。

結果的には、60歳になった時には、3000万円以上のお金を貯め込むことに成功したのです。

しかし、おじいちゃんは、もう一度、中学時代に戻りたいということ。
そして、青春時代を楽しむことができる家庭に生まれ変わりたい。
人生を謳歌したいと考えているのです。

しかし、時を戻すことはできません。
おじいちゃんは、貧乏時代の過去を振り返ると、複雑な気持ちになるということなのです。

私は、おじいちゃんの告白を聞いて、何も答えることができなかったのでした。

スポンサーリンク

親としてお金を稼ぐ努力を続けたいと考えています。

親にお金がないことにより、子どもがやりたいことをやらせることができない場合があります。
そして、その辛い思いを抱いたままに、大人になってしまうことがあるのです。

それゆえに、親自身はお金を稼ぐ努力をすること。

子どもが本当にやりたいことはやらせることができるように、親として最低限のお金を用意しようと、おじいちゃんの話を聞いて私は考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 子育て