毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

生活費がかかる理由。ちゃんとした覚悟が必要なこと

      2017/10/16

150923.jpg『一般社団法人ペットフード協会』によると、全国の犬と猫のペット数は約1979万頭。
現在の15歳未満の子どもの数は約1600万。

日本では、ペットが子供の数を上回っているのです。

しかしながら、ペットの費用の金額を認識するべきだと私は考えています。

スポンサーリンク

1年間の飼育費は

ペット業界専門のシンクタンク『ペット総研』によると、2015年に実施したアンケート。

1年間でかかる飼育費は、
犬は22万1255円
猫は15万6542円

1年間の飼育費は思ったよりも、高額だと私は感じてしまいました。

ペットの費用について

現在では、犬や猫のペットを育てることは、容易でなくなってきました。

食事はバリエーションに富み、ペットの医療も発展。
それにより、ペットでも成人病やがんを患うようになりました。

高齢化により、お金がかかるようになっているのです。

さらに、病気やケガをすれば治療費がかかります。
そのため、ペットの保険も必要です。

また飼い主が旅行をする時には、預かってもらうホテル代がかかります。

以前よりも、ペットの飼育費用が高額になってきているのです。

スポンサーリンク

覚悟が必要だと思います。

ペットは大切な家族の一員です。
それゆえに、ペットを購入する時には、何があっても一生大事に育てることが大切です。

そして、ペットを飼育するにはお金もかかります。
1年間で犬は平均22万1255円、猫は平均15万6542円が必要になるのです。

だからこそ、それなりの“生活費”は覚悟しなくてはいけません。
購入する前に、長期的な視点でペットを買うべきか否を熟考すること。
子育てで「ファミリープランニング」という言葉がありますが、ペットでも「ペットプランニング」が大切だと思っています。

そして、本当に育てたいと思う場合は、愛情を持ってペットを大切に育てるべきだと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 個人的な意見, 日々の生活