毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

キーツマンゴー。沖縄の幻のマンゴーが甘くておいしい。濃厚な味のキーツマンゴーとは。

      2017/10/16

IMG_7709幻のマンゴーと呼ばれている「キーツマンゴー」をご存じでしょうか?

主に沖縄県で栽培。
色は緑色をしているマンゴー。
キーツ種(ケイト種)に分類されるマンゴーで、重さは500g~2kg。

ちなみにアップルマンゴーは400g~500g。
キーツマンゴーはアップルマンゴーの2倍以上の大きさのものもあるマンゴーなのです。

糖度は15度~20度

キーツマンゴーは甘みが濃厚。
さらにちょっとした酸味あり。
繊維質が少ないのが特徴。
実はねっとりしています。

キーツマンゴーの収穫はアーウィン種(アップルマンゴー)の収穫後の8月上旬~9月上旬。
購入できる時期は8月中旬から10月上旬。

ちなみに、沖縄で生産されているマンゴーの95%がアップルマンゴー。
キーツマンゴーは5%しか生産されていません。

それゆえに大変貴重なマンゴーなのです。

スポンサーリンク

キーツマンゴーが幻といわれる理由

キーツマンゴーが幻といわれる理由とは

●生産する農家が少なく市場に出回りにくい。
●収穫シーズンがお中元の後になるので贈答用にできない。
●1本の木から大量収穫できません。
●収穫期が台風シーズンと重なり、その巨体から落果リスクがある。
●食べごろの判断も難しい。

アップルマンゴーより大きく、大変濃厚な甘さのキーツマンゴーですが、生産農家が大変少なく、沖縄県内でほとんど消費されてしまいます。
希少価値があるため値段が高めのマンゴー。

それゆえに、キーツマンゴーは幻のマンゴーといわれているのです。

キーツマンゴーの食べ頃


収穫してから7日~15日頃が食べ頃です。
常温で追熟させます。

*箱のまま保管よりも 箱から出してタオルなどの柔らかいものに載せて、通気をよくすることがおすすめです。
(冷蔵庫保管禁止です。冷蔵庫に入れるのは食べる直前です。)

最初はブルーム(白い粉)に覆われており、固いキーツマンゴー。
(追熟前に食べると、甘い大根の感じがすると言われています。)

熟してくるとマンゴーの中から油分が皮に浮いてきます。
そして、表面に艶が出てきます。

数日すると、頭の部分(切り口)の周りにしわが寄ってきます。

果実の皮の色が、緑から黄緑色に変化。
表面もツヤが出て、 シットリしてきます。
手で持った時の触感も全体的に柔らかくなってきます。
甘い香りもします。
(追熟しても赤くなりません。)

追熟後は冷蔵庫で1~2時間程冷やして食べるとさらにおいしくいただけます。

キーツマンゴーの口コミと評判

楽天でのキーツマンゴーの口コミと評価

ポンパレでのキーツマンゴーの口コミと評価

食べる時期を間違えなければ、どのマンゴーよりも甘味があります。
さら濃厚な味わい。
とっても幸せに気分にさせてもらえるのです。

スポンサーリンク

キーツマンゴーの購入方法

楽天スーパーポイントを貯めている方はこちら

ポンパレでポイントを貯めている方はこちら


キーツマンゴーの味は濃厚でコクがあるマンゴー。
糖度も15以上なので大変甘いのです。

繊維質が少なく、滑らかな食感。
食べたら止まらなくなってしまいます。

大きさも600g以上なので食べ応えもあります。
大人でも大満足のマンゴーなのです。

もしよろしければ、おいしい沖縄の幻のキーツマンゴーをお試し下さい。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - 家族旅行(沖縄)