毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

羽村市水上公園プール。西多摩地区最大級の市民プール。訪問レポート。

      2016/09/28

プール画像東京都羽村市にある「羽村市水上公園プール」。
多摩川の河川敷にある屋外プールです。

2016年の営業期間は7月16日(土)から9月4日(日)。
営業時間は10:00から18:00。

ホームページには東京都西多摩地区最大級のプールというキャッチフレーズ。
我が家も、羽村市水上公園プールを訪れましたので、その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

プールの種類とは

羽村市水上公園プール

流れるプール

羽村市水上公園プールは、全長130mの流れるプールがあります。
流れるプール1周は約5分。
深さは110㎝。

多くの小学生以上のお子さんが楽しんでいます。
この流れるプールですが、水の勢いはあまり激しくありません。

ウォータースライダー

流れるプールの真ん中には、全長45mの緑色のウォータースライダーが1本あります。
ウォータースライダーは、角度が急でないので、ゆっくり進みます。
1回は、だいたい15秒くらい。

小学生くらいのお子さんが、ウォータースライダーを楽しんでいました。
(初めてウォータースライダーをするお子さんなどはおすすめです。)

身長制限は130cm以上。
今年から、2人乗りはできなくなりました。

幼児向けの滑り台

流れるプールの横には、幼児向けの滑り台が用意されています。
こちらの小さな滑り台は、高さ2メートルくらい。
小学生以下のお子さんが遊んでいました。

幼児向けのプール

幼児向けのプールも用意されています。
最初に高さ3メートルくらいの滝から水が落ちています。
その水は、小さな小川を通っていきます。
最後には、水深約30㎝の幼児プールへ流れ込むのです。

ご家族連れにはおすすめのプールですが、特に小学校低学年のお子さんや幼稚園や保育園児にはおすすめのプールだと思います。

ちなみに、羽村市水上公園のすべてのプールでは、水泳用の帽子は必要ありません。
浮き輪も使用できます。

しかし、このプールの難点としては、近くにコンビニなどがありません。
飲み物とアイスクリームの自動販売機はありますが、食べ物は持参したほうが賢明だと思います。
(プール内での食事は禁止ですが、休憩スペースを利用できます。)

羽村市水上公園プールの混雑状況

8月の祝日の14時くらいに訪れました。
プールには人はいましたが、それほど混み合っていません。

17時くらいにはほとんど人がいなくなりました。
おそらく30名くらい。
貸し切り状態です。
ウォータースライダーも待ち時間なく滑ることができました。

屋外プールなので、夕方は少し肌寒いですが、夕方には十分に楽しめることができます。

スポンサーリンク

羽村市水上公園プールの詳細情報

住所 東京都羽村市羽中4-9-1
営業時間 10:00~18:00 ※保護者がいない小学生は17:00まで
電話 042-555-0013

入場料
【2時間】大人300円、子ども100円
【1日券】大人600円、子ども200円
※超過料金(1時間以内)は大人150円、子ども50円

コインロッカーは無料。
(使用時に100円が必要。使用後は返却。)

【車の場合】
駐車場は無料。
駐車場が満車の場合は臨時駐車場に誘導されます。

【電車の場合】
JR青梅線の羽村駅から徒歩約25分。
途中でアップダウンがありますので、できれば車での来場が良いと思います。

羽村市水上公園プールの地図


市民プールの「羽村市水上公園プール」はファミリー層にはおすすめです。
特に小さいお子さんは水遊びができる場所として最適。
水深が深くないので、安心して遊ばすことが可能です。

安くてコスパの良いプール。
市民プールはおすすめだと私は思っています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理・貯蓄
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログランキング

 - お出かけ