毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

国際免許の費用を安く抑える方法。海外で車を運転する人へ。

      2017/08/28

海外で自動車を運転するためには国際運転免許証(国外運転免許証)が必要になります。
(運転できる国は、原則としてジュネーブ条約加盟国です)

私自身も、今年の夏休みは家族での海外旅行。
レンタカーを運転するために、国際運転免許証の手続きをしてきました。

費用を安く抑えることができましたので、その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

国外運転免許証とは

国外運転免許証(国際運転免許証)は、発行から1年以内で日本の免許証が有効期限内であれば何回海外に行かれてもそのたびに使用できます。

ちなみに、国外運転免許証(国際運転免許証)の発行手数料は、全国一律で2,400円になります。(2017年現在)

必要書類

国外運転免許証(国際運転免許証)の申請必要書類です。

●免許証(帰国まで有効期間があること)
●国外運転免許証用写真1枚
規格は、撮影後6ヶ月以内の縦5cm、横4cm、枠なし、無帽、正面上三分身、無背景のもの
●パスポート
●印鑑

申請手続きは2,400円。
別個に、証明写真代金が必要になるのです。

国外運転免許証で節約できる部分とは

国外運転免許証には、申請費用として2,400円の現金支払い。
この部分は、節約が不可能な部分です。

一方で、証明写真の代金は、節約が可能。
証明写真の料金を30円に抑えることができたのです。

証明写真をたった30円で作成する方法。誰でも簡単に作成することができます。

私はFreeDPEを使用して、縦5cmの横4cmの証明写真を作成。
費用はたったの30円なのです。

結果的に、国外運転免許証の費用は、合計2,430円に抑えることができたのでした。

スポンサーリンク

工夫をすれば節約が可能です。

私は、FreeDPEを使用して証明写真代金を節約しています。
過去には、パスポートにもFreeDPEを使用。
証明写真を30円で作成して、お金を節約することに成功したのです。

私自身は、こらからもちょっとした工夫をして、お金を節約しながら、必要な部分にはお金を使う生活を心掛けたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 節約生活の考え方, 節約