毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

習い事の節約方法。私が実践していること。

      2017/01/05

good idea私には3人の子どもがいます。
子供達がさまざまなことに興味を持つことは良いことだと考えています。

そして、我が家の3人の子供達はピアノに興味を持ち始めました。
しかし、3人の子供達をピアノ教室に通わせることは大きな出費が必要になるのも事実なのです。

スポンサーリンク

ピアノ教室の月謝とは

ピアノを習うためには、ピアノ教室に通う場合が多いと思います。
週1回のレッスンでのピアノ教室の月謝例です。

大手音楽教室 7,000円~8,000円
個人ピアノ教室 4,000円~9,000円(中心は7000円前後)
カルチャーセンター 5,000円~8,000円

ピアノ教室の平均月謝は6,000円~7,000円。
3人の子供達をピアノ教室に通わせると、毎月18,000円~21,000円の授業料が必要になるのです。

ピアノ教室には月謝以外の諸経費も必要なのです。

ピアの教室の授業料以外にも諸経費が必要なのです。

施設利用費
空調費
空調費
補講を受けた場合は補講代
調律代(生ピアノなら年に1回)
教本、テキスト代
発表会やコンクールの参加費
発表会のドレスや靴、アクセサリー代
テストを受けるならテストの受験料
先生へのお礼代(発表会やコンクールの後に月謝の半分目安)

月謝代と諸経費を合算すると、毎月10,000円以上。
我が家の場合は、毎月30,000円以上のお金が必要になるのです。

習い事の節約方法とは

子どもには好きなことをさせたい。
しかし、現実問題ではお金も必要になります。
親としては、本当に難しい問題だと思います。

我が家の習い事の対策は、できる限り親が努力をすること。

たまたまですが、妻は、小学生の時にピアノを習っていたということ。
妻の話だと、ピアノの基本的なことを子どもに教えることができるのです。

そのため、我が家では電子ピアノを購入。
自宅で、妻が子供達にピアノを教えることにしたのです。

スポンサーリンク

自分でできることは何事も挑戦をすることが大切だと思います。

子どもの習い事に関しても、親としてできることがあれば、何事も挑戦をすることが大切だと思います。
親自身が子どもに習い事を教えることにより、親自身も、その習い事の能力を伸ばすことも可能になると思うのです。

もちろん、すべてのことを教えることは難しいと思います。

それゆえに、自分自身ができることは、何事も挑戦をする。
できないことは、必要に応じてお金を支払う。

親自身が努力をすることにより、習い事の節約も可能になるのでないかと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 節約, 日常生活の節約