毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

プーケットから香港経由で日本へ。キャセイパシフィック航空を利用した感想。

      2018/01/15

2017年の夏休みは、我が家はタイのプーケットを訪れました。
航空会社はキャセイパシフィック航空を利用。
乗り継ぎ時間も少なく、快適に過ごすことができました。

その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

フライト情報

出発 2017年8月16日(水) 18:20/ プーケット/プーケット国際空港発
到着 2017年8月16日(水) 22:50/ 香港/香港国際空港着
キャセイドラゴン航空による運航 CX5215便

出発 2017年8月17日(木) 1:00 香港/香港国際空港発
到着 2017年8月17日(木) 6:20/ 東京/成田国際空港着
キャセイパシフィック航空 CX524便

プーケットから日本への直行便がありません。
そのため、香港やタイのバンコク、中国の上海、マレーシアのクアラルンプール、シンガポール経由をする必要があります。

我が家は、キャセイパシフィック航空の値段が手頃だったこと。
(お盆の繁忙期で1人約40,000円)
乗り継ぎ時間が短かったこと。

また、評判のエアラインだったことから、キャセイパシフィック航空を利用することに決めたのです。

プーケットから香港


プーケットから香港へは18時20分発のCX5215便。
使用機材はエアバス社のA321。
子会社であるキャセイドラゴン航空による運航になります。

使用機材はA321。
香港からの到着する飛行機が遅れていたために、プーケット出発は19時20分に変更。
1時間余分にプーケットに滞在することができたのです。

シート座席の配列は、3+3。
シートピッチがあまり広くありません。
しかも、リクライニングも後の人に迷惑が掛かるので、あまりできません。

機内エンターテイメントはキャセイパシフィックとキャセイドラゴンは同様です。
唯一の違いは、キャセイドラゴンのこの飛行機にはリモコンが付いていません。

パーソナルテレビにタッチをして、メニューを選択します。
プーケットから香港行きの飛行機ですが、日本語対応もしているのには感謝です。

ちなみに、万が一に、パーソナルテレビにタッチをしても、何も動作しない場合は、キャビンアテンダントに「リセット プリーズ」と言えば、パーソナルテレビを再起動。
私の座席にあるパーソナルテレビも、再起動をすることにより、使えるようになりました。

CX5215便の機内食

プーケットから香港への機内食になります。

↑チキンとポテト
(ポークカレーも選べました)

↑チャイルドミールは、ミートソースのパスタ

ポークカレーは、肉がジュウシーでおいしかったです。
チキンはまあまあの味でした。

ちなみに、キャセイドラゴン航空の香港からプーケット行きは、ハーゲンダッツが提供されました。
一方で、プーケットから香港への飛行機では、ハーゲンダッツのアイスクリームではありません。

正直に言うと、「ハーゲンダッツのアイスクリームはおいしかったなあ」と我が家では話していたのです。

香港国際空港の乗り継ぎには要注意です。


香港国際空港に23時55分に遅れて到着。
香港から東京へ向かうCX524便は夜中の1時出発なのです。

乗り換え時間は約1時間。
しかも、香港に到着したCX5215便は、バス移動が必要なターミナルへ。

乗り換え時間が少ないのに、バス移動が必要なことにびっくりさせられたのです。

さらに、乗り継ぎ便の利用者は、保安検査(セキュリティーチェック)を受けなくてはいけません。
しかも、香港国際空港には、保安検査場は2種類あるのです。

●24時間対応している保安検査場
●夜中は対応していない保安検査場

プーケットからの飛行機は、24時近くに到着をしたために、多くの保安検査場は稼働していません。
(24時間対応している保安検査場は少ないのです)
また、フライトアテンダントの方に案内してもらった保安検査場も夜中は対応していない保安検査場。

我が家は、24時間対応している保安検査場を見つけるのに苦労をしました。
しかし、なんとか保安検査を受けて乗継便へ移動。
(香港国際空港の乗り継ぎ時間は45分かかりました)

なんとか頑張れば、香港国際空港の乗り継ぎは45分でできることがわかったのです。

CX524便について

香港から東京へ向かうCX524便。
夜中の1時出発ですが、お盆の時期ということもあり満席でした。
使用機材はA330.

シートの配列は2+4+2
座席は革張りのシートタイプ。

シートピッチは、A321と比べると広さを感じることができます。

CX524便の機内食はサンドイッチ


CX524便は香港を定刻通りに夜中の1時に出発。
深夜便のために、機内食は軽食のサンドイッチ。
さらに、レモンティーとデザートが付いてきます。

個人的には、サンドイッチやデザートはおいしかったのですが、レモンティーはあまりおいしくありませんでした。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空の感想

キャセイパシフィック航空では機内エンターテイメントが充実。
日本語による対応も充実しており、快適に機内で過ごすことが可能です。

個人的には、海外旅行のチャンスがある時には、キャセイパシフィック航空を利用したいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 家族旅行(タイ)