毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

高校のクラブ出費はしゃれにならない。お父さんの話から考えさせられたこと。

   

教育にはお金が必要です。
さらに、クラブに所属をしているとさらにお金が必要になる場合もあるのです。

個人的に考えさせられた出来事をお伝えします。

スポンサーリンク

クラブの費用は年間3万円~6万円です。

部活や学芸会・運動会などにかかる「教科外活動費」についてです。

公立中学校が年間3万2468円。
公立高校が年間3万9840円。

私立中学校が年間5万5170円、
私立高校が年間4万5892円。

文科省の最新調査「平成26年度子供の学習費調査」より

クラブの費用は平均年間3万円~6万円という状態なのです。

所属する部活動により費用は違います。

野球部の場合

あるお父さんの息子さんは、公立高校の野球部に所属していました。

硬式用のグローブやスパイク、ユニフォームなどで初期費用は約10万円を支払いました。

そして、毎週末は練習試合。
電車やバスなどの交通費が必要です。

さらに、合宿のために費用も発生。

年間では15万円以上のお金を支払うことになったのでした。

アメフト部の場合

また、別のお父さんの息子さんは、私立高校でアメフト部に入部しました。

道具やバッグなどの初期費用は8万円。
さらに遠征や夏の合宿のためにもお金が必要です。

そのため、年間では30万円以上のお金を支払うことになったのです。

吹奏楽部の場合

私立高校の強豪吹奏楽部に入部した娘さんがいるお父さん。

強豪校のために、全国大会に出場することが当たり前ということ。
全国への遠征費用、年2回の合宿、楽器の消耗品の費用などで年間30万円以上を支払っているということなのです。

さらに、強豪校のために、楽器を持っていることは当たり前。
楽器を借りるという概念はないのです。

楽器屋さんで、いつくかの楽器の音色を比べると、高い値段の楽器は音色が違います。
楽器がわかる人が聞くと、その差は歴然と言うことなのです。

そのため、娘さんが選んだのは、一番値段の高い楽器。
お父さんは、心の中では、お金は苦しかったのですが、娘さんが本当にほしいモノを優先。

結果的に、80万円の楽器を購入することになったのでした。

スポンサーリンク

なるべく早くからのお金の準備が必要です。

私自身も、高校時代は野球部に所属。
お金が必要な場合も、親から文句も言われずに、お金を支払ってもらっていたことに感謝をしなくてはいけないと、恥ずかしながら親になってはじめて気がつきました。

もちろん、クラブの費用は、公立や私立。
所属する部活動により、状況が異なります。

しかし、所属するクラブによっては、平均以上にお金が必要になる場合もあるのです。

それゆえに、お金の準備をなるべく早くからはじめることが大切だと思います。

収入を増やす努力をする。
支出を抑える。
投資の能力を身に付けてお金を稼ぐ。

簡単にお金を貯める方法はありません。
それゆえに、早くから準備をはじめること。

子どもの夢をすべて叶えることは難しいとは思いますが、「お金がない」から「子どものやりたいことができない」という状態を避けるために、なるべく早く、親としてできる限りの努力をしたいと私は考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金が貯まる考え方