毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

老後の考え方。橋田壽賀子さんの意見に共感したこと。

      2018/01/05

延命治療したくないと考えている橋田壽賀子さん。
NEWS ポストセブンさんの「橋田壽賀子さん 「うまく死なせる医療」があってもいい」を読んで考えさせられたのでした。

スポンサーリンク

橋田壽賀子さんは延命措置を望んでいません。

橋田壽賀子さんは、知らないうちに病院に運ばれないよう、対策はしているのです。

家の中で倒れても、救急車は呼ばないで。
半身不随になっても生きているのはイヤだから、とちゃんと周囲に伝えています。

さらに、橋田壽賀子さんは心臓が弱いのですが、AEDも置いていません。
ある日、お手伝いさんが「機械をリースして家に置いておきましょうか」と言うので、それも即座に「絶対いらない」と断りました。

放っておいてほしい。
せっかくそのまま死ねるから、無駄な延命措置は望んでいないのです。

ちなみに、橋田壽賀子さんは延命治療をやめる「消極的安楽死」くらいじゃ不満なのです。

そもそも延命措置はお断り。
だって止めたとしても、いつ死ぬのかわからない。

その間、おいしいものが食べられるわけじゃなし、ただベッドに横たわって死ぬのを待つだけ。
そんなの、まっぴらごめんなのです。

そして、橋田壽賀子さんは、この高齢化社会、生かす医療だけでなく、「うまく死なせる医療」もあってもいいと考えているのです。

スポンサーリンク

周りには迷惑を掛けたくないと私も考えています。

私の知り合いの人でも、緊急手術により命が助かった人がいます。

しかし、その人は、誰が呼びかけても反応がありません。
家族がどんなに声を出しても、何も反応しません。

ただベッドに横たわって死ぬのを待つだけの状態になったのです。

ちなみに、その人は、延命治療を望んでいませんでした。

しかし、親族の自宅で倒れてしまい、救急車で運ばれました。
そして、緊急手術により、命だけは助かったのです。

私自身も、橋田さんの「この高齢化社会、生かす医療だけでなく、「うまく死なせる医療」もあってもいい」という意見に考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 老後