毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流老人への入り口。左遷させられてしまう人とは。

      2017/10/13

仕事年始になると社内での異動が多くなると思います。
人事部から、昇格や昇進などの通達も発令されます。

私の取引先の会社でも、年始は異動の時期です。
それは、嬉しいことが多いのであればよいのですが、悲しい知らせを受け取る場合もあります。

残念ながら、今年も左遷されてしまう人の悲しい話を聞いてしまいました。

50歳前半の課長さん

その課長さんは、大学生になるお子さんがいらっしゃいます。
また数年前までは、部長職でありました。

しかしながら、社内のプレッシャー。
社内の人間関係がうまくいきませんでした。

そのため、昨年には課長へ降格。

昨年の課長職でも、残念ながらケアレスミスを発生。
社内からの信用が失墜。

昨年末には、重要な仕事をまかせてもらえない状態に陥っていました。

スポンサーリンク

課長職から配送部への人事通達

その課長さんですが、今年から配送部へ異動の辞令。

しかしながら、配送部は、仕事が大変激務なのです。

そこの会社の配送部の人達は、ほとんどが20歳代。
しかも、多くの人が派遣社員。
正社員の人はほとんどいません。

そのため、これから、その部署で的確な指示。
そして、激務の仕事をしなくてはいけないのです。

その会社の配送部は、50歳の体では、体力的には大変きつい仕事。

その課長さんにとっては、地獄の人事通達です。

スポンサーリンク

万が一に備えて、早くからお金の備えをしよう。

私は、この話を聞いた時に、なるべく早くからのお金の備えが本当に大切だと感じました。

つぶれない会社などありません。
理不尽な人事通達が発令される可能性も多々あります

事前にお金の勉強をして、なるべく早くから、少しずつお金を貯めていけば、万が一のことがあっても恐れることはありません。

また、本業以外の収入があれば、家族をお金に困らせることも、最小限に抑えられると思います。

明日は我が身。

私は一日一日を大切にしよう。
そしてお金の勉強を続けたいと思った出来事でした。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 仕事