毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

都会から田舎暮らしを始めた人。おばあちゃんの発言で考えさせられたこと。

      2017/11/25

老後を迎えて、都会を離れて、田舎暮らしをしたおばあちゃんがいます。
おばあちゃんの発言を聞いて、私は考えさせられたのでした。

スポンサーリンク

都会暮らしをしていた夫婦

60代まで都会暮らしをしていた女性の松本さん(仮名)。

夫が現役引退。
年金生活が始まりました。

夫は、都会の借家暮らしの狭い部屋にいるよりも、広い部屋に住みたいということ。

そのため、ある田舎町に引っ越すことになったのです。

想定外の連続でした。

田舎暮らしをはじめた松本さん夫婦。
しかし、想定外の連続だったのです。

都会では、ほとんど雪が降りません。
一方で、松本さん夫婦が引っ越した田舎町では、30㎝の雪が積もることがあります。

幹線道路では、県が除雪を行います。
一方で、それ以外の道は、自分たちで雪かきをしなくてはいけないのです。

70代の松本さん夫婦にとっては、雪かきは苦痛の連続。
腰を痛めることが度々あったのでした。

また、交通の便にも悩まされました。

引っ越した当初には、近くに大学のキャンパスがありました。
しかし、その大学のキャンパスが、都心に移転することになったのです。

大学のキャンパスがある時には、バスは、1時間に1本以上の運行。
交通の便は悪くない状態でした。

一方で、大学キャンパスがなくなると、バスの運行本数は、3時間に1本の状態。
買い物にも苦労するようになったのです。

さらに、松本さんの夫の痴呆症がはじまりました。

夫のみが車の運転免許証を持っているのですが、ひとりで運転させるのは危険な状態。
次回の運転免許の更新は、おそらく難しいというお話なのです。

それゆえに、松本さんは、この町から引っ越しをしようと考えるようになったのです。

資金が足りません。

松本さんは、引っ越しを考えるようになりました。
しかし、今ある土地は、交通の便が悪くなり、土地の価格が下がりました。
そのため、売却も容易ではないのです。

近くの土地も、1坪1万円で売り出し中。
それでも、買い手がいないのです。

さらに、70代の松本さん夫婦にお金を貸す銀行などはありません。
そのため、以前に住んでいた場所に戻ることも容易ではないのです。

お金がない松本さん夫婦にとっては、八方塞がりの状態に陥ってしまったのでした。

スポンサーリンク

老後で気をつけること

松本さん夫婦は、想定外の連続により、どうしようもない状態に陥ってしまいました。
さらに、高齢のために、資金調達もできない状況なのです。

私は、年齢を重ねるほど、お金を稼ぐことは難しくなると考えています。
さらに、銀行も助けてくれないのです。

それゆえに、お金を使う時には、リスクを減らす行動を心掛けるべきだと思うのです。
想定外の事態が起こるからこそ、困らない程度のお金を保有すべきだとも考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗