毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

定年後に悲惨になる人の特徴

   

定年後に悲惨になる人がいます。
個人的に考えていることをお伝えします。

スポンサーリンク

好き嫌いが激しい人

定年を迎えるまでサラリーマンだったAさん。
役職は部長まで昇進したのです。

しかし、Aさんの性格には問題がありました。

部下に対しては、頭ごなしに厳しく叱ります。
好き嫌いが激しい人です。
気分が悪いと、部内の雰囲気を悪くするのです。

一方で、上層部に対してはゴマすりうまい人でもありました。
上層部の意見にはすべて肯定。
部下の意見なら反対する場合でも、上司の意見には逆らいません。

そのため、Aさんは、部下には嫌われていましたが、上司には好かれている人物だったのです。

定年後は誰も相手にしなくなりました。

性格的に問題があったAさん。
Aさんが定年を迎えると、部下の態度が急変しました。

Aさんが元部下に電話をしても、そっけない対応。
Aさんが元部下に飲みに誘っても、断られます。

すべての部下が、Aさんのことを嫌っていたので当然の行為だったのです。

スポンサーリンク

定年後に悲惨になる人とは

定年後に悲惨になる人がいます。
そのような人は、現役時代から、態度が横柄な人が多いのです。

エコひいきをする。
機嫌が悪いと部下を怒る。
自分は仕事をせずに、部下に仕事を任せる。
仕事の責任は、自分が悪くても、部下にさせる。

しかし、現役時代にはそのような問題は顕著化しません。
なぜながら、部下は上司に逆らうことができないからなのです。

一方で、定年退職をすると、役職や利害関係がありません。

そのため、人間的に魅力がある人は、人から好かれます。
しかし、性格に問題がある人は、周りに信頼できる人がいなくなるので、定年後に悲惨になるのです。

それゆえに、定年後に悲惨にならないためには、横柄な態度を止めること。
定年後に気がつくのでなく、現役時代に気がつくべきことだと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 老後