毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

おごってもらう、おごる時に感じること。私が大切だと考えていること。

      2017/09/27

上司と同行をすると、食事代などをおごってもらえる場合があります。
個人的に考えていることをお伝えします。

スポンサーリンク

器の大きい上司。

私の会社のある上司。
大変気前の良い人なのです。

同行の際には、おごってもらえる場合が多々あります。
先日も、出張の際には、特上のお寿司(2000円相当)をおごってもらいました。

本当に感謝・感謝です。
私は、その上司は、器の大きい上司だと思っているのです。

子育てが大変な上司。

私の会社のある上司。
孫の面倒も見ているのです。

そのため、日々の生活に余裕がありません。
同行をする場合でも、食事は割り勘。
お金が足らないので仕方がありません。

現在では、教育費や老後資金を貯めなくてはいけません。
同行をしても、お金に余裕がなければ、割り勘は当たり前だと私は考えているのです。

おごってもらえない場合。

部下の人でも、固定概念を持っている人がいるのです。

上司はお金を稼いでいるのだから、部下におごって当たり前。
おごってもえないと、不平不満ばかりを述べています。
そして、そのような考え方を持っていると、いつかどこかでそのような態度が表れてしまいます。

結果的に、卑しい心は見透かされてしまう場合が多々あるのです。

個人的には、お財布事情は人それぞれ。
おごってもらって当たり前という考え方は、間違っていると私は考えているのです。

スポンサーリンク

おごるときに注意をすること。

おごってもらえる上司には感謝をしています。
一方で、割り勘をする上司には諸事情があるのです。

私自身も、部下の人と同行の場合は、自分自身に余裕があれば、おごるように心掛けています。
しかし、見栄やプライドだけでは、お金をおごることはしないように心掛けたいと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗