毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流中年に転落した人には理由があるということ。

   

下流中年に転落をしてしまう人がいます。
あるサラリーマンの人についてお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

さぼり癖がある人

50代前半のAさん。
バルブ世代の入社のために、苦労を知らなかったのです。

就職活動はほとんどせずに、内定をもらいました。
入社した会社の売上は右肩上がり。
そのため、営業職のAさんは、さぼることを覚えていったのです。

喫茶店で時間をつぶします。
空いた時間には、パチンコ。
サウナまでも行くようになったのです。

そして、その怠慢によりAさんは、40代前半の時に会社都合のリストラ。
「自分はこんなに頑張っているのになぜリストラをされるのだ」と話していたのです。

さぼり癖は治りません。

さぼり癖があるAさん。
次の会社に行っても、真面目に働いていなかったのです。

北海道出張の出来事です。
お客様から紹介された得意先を訪問するように会社から指示がありました。

Aさんの日報には、紹介先の得意先を訪問したと記載されていたのです。

しかし、AさんのLineを見ると「旭山動物園」でピースをする画像が投稿。
投稿時間は、お昼過ぎの時間。
どう考えても、真面目に仕事をしているようには思えないのでした。

そのため、次の会社でもAさんをリストラ。
とうとう、Aさんは、就職先が見つからずに下流中年に陥ってしまったのです。

スポンサーリンク

下流中年にならないために必要なこと。

社会人になっても、私は真面目に働くことが大切だと考えています。
真面目に働くことにより、仕事のスキルが身に付きます。
仕事のスキルが身に付くと、他の会社に転職する場合でも、就職先が見つかる可能性が高くなるのです。

もちろん、病気や周りの環境により、転落する可能性は否めません。
しかし、真面目に仕事をすれば、下流に転落する可能性が低くなるのです。

それゆえに、1日1日を大切にして過ごすこと。
自分自身の能力を伸ばすことが、明るい将来に近づける方法だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流中年