毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

安物買いの銭失いにならないために気をつけること。

      2017/08/29

できる限りモノを安く購入したいのは、買い手の心理だと思います。
そして、買い物をする際には、気をつけるべきこともあると私は考えているのです。

その内容をお伝えします。

スポンサーリンク

値段が安い理由

以前、私はある大手チェーン店で、7800円のスーツを購入しました。
理由は、通常価格よりも値段が安かったためです。

しかし、そのスーツは、見た目は普通ですが、生地がペラペラでした。
さらに、スーツ購入1ヶ月後には、椅子に座ると、おしりの部分が破れてしまいました。

結果的に、初期の購入費用は安かったのですが、コスパが大変悪いスーツだったのです。

値段が安くなる理由。

モノが安くなるには理由があると私は考えています。
例えば、安い服の場合です。

安い生地を使用している。
生地がペラペラである。
縫製がそれなりである。
服の色は人気がない。
サイズが極端に大きい。または小さい。
日本ではなく、海外で製造している。

値段を安くするには、コストカットをしなくてはいけません。
そのためには、いくつかのデメリットが発生するのです。

高いモノはコスパがよくなります。

私の身近にいるお金持ちのAさん。
Aさんは、ひとつひとつのモノを大切に扱っています。

しかし、そのひとつひとつのモノの値段は高いのです。

例えば、冬のロングコートは、百貨店の特注で100万円。

しかし、生地がしっかりしています。
ベテランの職人さんが縫製。
色あせもしないので、服が長持ちするのです。

そして、ちゃんとクリーニングをしているために50年使用。
そのロングコートの年間費用は2万円なのです。

さらに、安いコートと高いコートでは見た目が違います。
そして、本当に良いモノに対しては、愛情も湧きます。
結果的に、そのモノは長持ちをするようになるのです。

スポンサーリンク

初期費用よりも長く使うことを意識することが大切です。

安物買いの銭失いにならないためには、初期の購入費用よりも、本当に必要なモノを、厳選して購入する必要があると思うのです。

厳選して購入したモノは、大切に扱うようになります。
そして、大切に扱うことにより、モノが長持ちをするのです。

私は、安易に購入する癖を減らせば、安物買いの銭失いになるリスクを減らすことが可能だと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金が貯まる考え方