毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

教育費で苦しむ家計が増えてしまう理由。対策を考えるべきこと。

      2017/07/30

教育費で苦しむ家計が多いと感じています。
私の周りの人達も、授業料で悩んでいる人が多いのです。
個人的に考えていることをお伝えします。

スポンサーリンク

大学進学率が上昇しています。

1990年代までの日本は、大学進学をする人が少なかったと思います。
しかし、大学進学率は徐々に上昇しました。

2001年に39.9%。
約4割の学生が大学に進学するようになりました。

2009年に50.2%。
半分以上の人が、大学に進学するようになったのです。

そして、2016年は52%。
右肩上がりで、大学進学をする人が、増えているのです。

大学に進学させるにはお金がかかります。

日本では、大学に進学するお子さんが増えています。
その一方で、大学の教育費には莫大な金額が必要です。

大学の教育費の実態調査によれば、

国公立の大学で約511万円。
私立大学の文系で約692万円。
私立大学の理系で約787万円。

大学に進学をさせるのは至難の業だと感じてしまいます。

大学に進学をさせる理由。

教育費も莫大な費用が必要。
一方で、日本では、大学進学をする学生が右肩上がり。
半分以上の学生が大学に進学している状態です。

その理由は、企業の採用が、学歴を重視している傾向があるのです。

もちろん、社会に出て必要なのは、コミュニケーション能力。
学歴によって仕事ができるか、できないかは別問題だと思います。

しかし、中卒より、高卒。
高卒より、大卒。
大卒でも一流大学であれば、待遇の良い企業に入れる可能性が高くなるのです。

それゆえに、大学の費用が莫大であっても、大学を進学させるケースが増えています。
その結果、お金が必要な世の中になってしまっていると感じているのです。

スポンサーリンク

お金のことを真剣に考えることが必要です。

私は、学歴と仕事の能力はすべてが一致しないと考えています。
しかし、就職をする際には、学歴が重要視される世の中なのです。

そのため、大学進学をすれば、お金が必要になる状態になることは仕方がないと考えています。

それゆえに、子供が大学に進学するケースを備えて、お金の準備をすること。
早め早めのお金の対策が大切だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金が貯まる考え方