毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金を稼げるようにするための子育て。漫画家の西原理恵子さんの考え方。

      2017/06/28

2017年6月26日のNHK「クローズアップ現代」では、漫画家の西原理恵子さんが出演。
西原理恵子さんは『ぼくんち』『毎日かあさん』『いけちゃんとぼく』などの多数のヒット作を生み出した有名漫画家さんなのです。

そして、番組内では、西原さんの子育て論について語っていました。

個人的に参考になる意見だと思いましたので、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

日本の現状とは

日本の20年~30年前までは、親よりも子どもの方が、お金を稼ぐことができる時代でした。
その当時は、年老いた親に、子どもが仕送りをすることも当たり前の世の中だったのです。

しかし、経済状況は変わりました。

現在では、子どもが自立をしたくても、自立ができない。
稼ごうと思っても、稼げない。
正社員になりたくても、募集は非正規社員ばかり。

親よりも子どもの世代が、苦しくなってしまっているのです。

西原理恵子さんが子育てで重要視していること。

子どもを自立させるためには、さまざまなことを伝えなくてはいけませんが、一番重要なことがあります。

それは、稼げる能力を身に付けることが重要なのです。

時給が1000円と2000円の人では、人生がまるで違ってしまいます。
お金があれば、やりたいこともできる人生にもなるのです。

それゆえに、上の収入を目指して準備をする。
勉強をする。
資格をとる。

お金を稼げるための方法を、自分自身で考えることが重要なのです。

自立をするというのであればサポートは何でもします。

西原さんは、子どもを自立しようとする意思が大切だと語っています。
そして、自立をしようとしている子どもには、すべてのお金のサポートをするということなのです。

西原さんは、子供達に「お母さん、嫌い」と言われても構わないということ。
別に嫌われていても構わないから、その後にどうするか考えること。

子どもたちにお金を稼ぐことの重要性を、何度も繰り返し伝えたのです。

2人の子どもは自立をしました。

西原さんには、2人のお子さんがいます。

長女の日和さんは、16歳になると、演劇の稽古に没頭。
自分自身の生き方を見つけました。

長男の雁治さんは、16歳の時に、アメリカ留学に行きたいと、突然に言い出しました。
西原さんは、留学に快諾をして、留学費用を負担。

雁治さんには、留学先も今後の進路も自分自身で決めるように指示したのでした。

スポンサーリンク

お金を稼げるように努力をすることが大切です。

西原さんは、子どもに「お金を稼ぐ大切さ」を何度も伝えていました。
そのため、2人のお子さんも、自分自身で積極的に何事にも挑戦をしていると思うのです。

そして、西原さん自身も、有名漫画家の地位を確立。
お金を稼ぐ力を身に付けたのです。

それゆえに、子どもに「お金を稼ぐ大切さ」を教えることも重要ですが、親自身も「お金を稼ぐ努力」をする必要があると思います。
そして、少しでもでも良い見本になれるように、親自身も努力を続ける必要があると、西原さんの言葉を聞いて考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, 収入を増やす方法