毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金の影響は幼少期から受けている。

      2017/06/25

お金が貯まる人と貯まらない人がいます。
私は、幼少期からの影響が大きいとも感じているのです。

その理由をお伝えします。

スポンサーリンク

裕福な環境で育った人

裕福な家庭で育ったAさん。
幼少期はお金に苦労をしませんでした。

おもちゃはすぐに買ってもらえます。
年に1回は海外旅行に行きました。
毎週末は外食。

そのため、このような暮らしが当たり前だと思っていました。
しかし、結婚後は、お金に苦労をしています。

それは、自分自身の給料が少ないためです。

昔から欲しいモノはすぐに購入していたAさん。
モノを見ると、どうしてもそのモノが欲しくなってしまいます。
そのため、衝動買いを抑えることができません。

Aさんは、お金が貯まらずに悩んでいます。
一方で、今までの生活水準を切り下げることができないために、Aさんはお金に苦労をしているということなのです。

お金に苦労する環境で育った人

貧乏家族で育ったBさん。
幼少期からお金に苦労をしていました。

好きなモノは買ってもらえることはありませんでした
外食も年に数回。
家族そろっての旅行は、近所のみでした。

そのため、大人になっても、このような暮らしが当たり前だとBさんは考えていました。

しかし、Bさんは努力をして、大企業に就職。
お金を稼げる能力を身に付けたのです。

しかし、Aさんは大人になるまで、お金を使えないことが当たり前だと自分自身の基準が確立されていました。
そのため、モノを見ても、値段が高いと感じてしまいます。
お金を使おうと思っても、もったいないという幼少期の感覚から抜け出せずに、困っているのです。

スポンサーリンク

幼少期からの影響は大きいと思います。

育った環境により、大人になっても、お金の使い方に大きな影響を及ぼすと考えています。
それゆえに、お金の使い方を教えることも大切だと感じているのです。

私自身が大切だと思っている考え方です。
●本当に必要なモノは購入すること。
●自分自身があまり気に入らないモノは、妥協をしないこと。

メリハリを考えてお金を使うことを意識すると、お金を使っても、心の満足度が減ることがないと感じています。
毎日楽しく幸せに過ごすためには、本当に必要な部分にはお金を使って行こうと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗