毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

1000人を超える人が騙された詐欺事件は騙される可能性が高い。他人事ではないこと。

      2017/11/01

お金のおいしい話はほとんどありません。
1000人を超える人が騙された詐欺事件に関して、考えさせられたことがありました。

スポンサーリンク

無料でウェブサイトを作成

東京・港区のゴルフスタジアムという会社が運営している、「ごるスタ」。
「ごるスタ」では、ゴルフのレッスンプロに、「タダでウェブサイト作ります。開設後の管理や運営もすべてお任せください」と勧誘。
そして、無料でウェブサイトを作成するのです。

ただ、最終的に契約書を取り交わす段階になると、「ソフトを買う形を取らせてほしい。ついては信販会社とクレジット契約も結んでほしい」と言い出します。

当然、ゴルフのレッスンプロは「話が違うじゃないか」ということになります。
そこで持ち出してくるのが広告契約なのです。

作成したウェブサイトに載せる広告を「ごるスタ」が取ってきてくれるということ。
つまり、ゴルフスタジアムが広告営業もして、掲載料を支払ってくれるのです。

その支払金額は、クレジットの1カ月の支払額と同額。
広告が取れないときは、ゴルフスタジアム自身が広告主になり、広告料を負担してくれるのです。

そのため、ウェブサイトの作成を依頼したレッスンプロは、ゴルフスタジアムから入金される広告料を、そのまま信販会社に支払えば、持ち出しはゼロ。
確かに無料でウェブサイトを作ることが可能であり、「ごるスタ」が管理運営してもらえている状態になるのです。

「ごるスタ」の支払いが滞りました。

2017年1月までは、「ごるスタ」がウェブサイトの作成を依頼したレッスンプロに毎月の支払いを続けてきました。
しかし、2017年2月に支払いが滞ったのです。

ゴルフスタジアムからの入金が止まったという情報は、瞬く間に全国の「ごるスタ」ユーザーに拡散しました。

被害は全国に広がっており、被害者は主にレッスンプロ。
しかも1000人を超えています。
1人当たりのクレジット残高が少ない人で300万円、多い人だと900万円台。

さらに、契約書を見るかぎり、クレジット契約と広告契約はリンクしておらず、広告料が入らなければ、クレジットの支払いも免除されるようにはなっていません。

加えて、顧客が信販会社と結んでいるクレジット契約は、「ごるスタ」のウェブサイト作成サービスの対価を分割払いする契約ではなく、「モーションアナライザー3」というパッケージソフトの購入代金を分割払いする契約。

それゆえに、顧客が信販会社の支払いを免除することは難しい状況。
多くのレッスンプロが泣き寝入りをしなくてはいけない状態に陥ったのです。

「ごるスタ」の契約をしてしまった人

静岡県御殿場市の富士カントリークラブ所属のレッスンプロの横田亮氏。
今から3年前、練習場の経営者から「ごるスタ」を薦められたのです。

多くの先輩たちは、タダでウェブサイトを作るので契約をしていました。

そして、横田氏も実際にウェブサイトが出来上がり、いざ契約という段階でクレジット契約をしてくれと営業マンが言い出したのです。

クレジットの元金は592万円。
分割手数料を含めると726万円を84回払いする契約。

横田氏は、ソフトに592万円だなんてありえない。
しかも、契約書上はウェブサイト作成代金じゃなくて、安っぽそうに見えるソフトの代金。そのため、おかしいと思い、契約はしたくありませんでした。

しかし、レッスンプロの世界は体育会の世界なのです。
自分が契約を断るということは、すでに契約している先輩たちや、契約を薦めた練習場の経営者の判断を否定することを意味してしまいます。

それゆえに、疑問に感じていても、契約を断るのが難しい環境だったのです。

スポンサーリンク

契約をする前に気をつけるべきこと

人間関係が絡むと、断ることが本当に難しくなります。
さらに、ゴルフスタジアムが日本プロゴルフ協会とも提携をしていれば、契約をしてしまう可能性も高いと感じています。

それゆえに、重要なことは、何かの打診があった場合は、その内容を事前に調べることです。

ビジネスモデルが的確なのか?
経営会社の財務状況は問題ないのか?
口コミは悪くないのか?

また、無料という文言で、後で大金を払わせるビジネスモデルは、損をするケースが多いのも事実なのです。
それゆえに、後付けでお金を求める会社とは、契約をしないこと。

契約をしてしまうと、お金が返金されることは、ほとんど不可能な世の中なのです。
無料という文言には特に注意が必要だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗