毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

親の収入で人生が決まる。格差を是正する方法。

      2017/10/17

貧困の連鎖は大きな問題だと思っています。

現代ビジネスさんの「ノーベル経済学者が認めた「やっぱり人生は実家の収入で決まる」 では、格差を脱する方法はないのか?」の記事を読みました。

考えさせられる内容でしたのでお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

幼児に対する教育が経済的に大きな効果を発揮します。

ノーベル経済学賞を受賞した米国のヘックマン教授。
40年以上にわたる追跡調査によって、就学前の幼児に対する教育が経済的に大きな効果をもたらすことを証明したのです。

日本でも「就学前教育によって子どもが将来、富裕層になる可能性が高まる」との議論をする人が増えてきました。
その種本になっているのが『幼児教育の経済学』ということなのです。

ちなみに、ヘックマン教授は、就学前教育によって富裕層予備軍を育成せよと主張しているのではなく、貧困問題の解決策として幼児期の子どもの環境に注意を向けることが大切だと話しているのです。

生涯賃金が高い人と低い人の違いとは

ヘックマン教授は、恵まれない環境に生まれた子供は、技術を持たない人間に成長する可能性が高いと述べています。
生涯賃金が低く、病気や十代の妊娠や犯罪など個人的・社会的なさまざまな問題に直面するリスクが非常に高くなると述べています。

そして、機会均等を声高に訴えながら、私たちは生まれが運命を決める社会に生きているとも話しているのです。

それゆえに、生まれあわせた環境が人生にもたらす強力な影響は、恵まれない家庭に生まれた者にとって悪なのです。
そして、社会全体にとっても悪でもあるのです。

そのような状態が続けば、数多くの市民が社会に貢献する可能性を失わせてしまうということなのです。

貧困の格差を是正する方法

ヘックマン教授は、低学歴のひとり親のもとで育てられた子どもは、人生のスタート時点での遅れを一生取り戻すことができないのが社会になっていると話しています。
いわゆる、貧困の連鎖です。

それゆえに、政府が適切な関与を就学前児童に対して行う必要があるとも話しているのです。

保育園・幼稚園を義務教育化。
親の経済力に関係なく、子どもにはできるだけ平等に知育、徳育、体育のバランスが取れた教育を無償で受けさせられるような制度設計が必要なのです。

スポンサーリンク

貧困の連鎖をストップするためには

貧困をストップするためには、親自身が努力をする必要もあると思うのです。

お医者さんのお子さんはお医者さんになる可能性が高いと思います。
弁護士のお子さんも同様です。

現在は格差社会。
生まれた時の環境により、良い意味でも悪い意味でも子どもにも大きな影響を与えてしまっているのです。

もちろん、現状を打開することは難しいとは思います。
しかし、創意工夫をすることにより、人生を切り開くことも可能だと私は考えています。

お金を稼ぐ能力を身に付けた人。ハイブリッドサラリーマンになった人。

私自身も、「子育て」と「お金を稼ぐ」努力を続けていきます。
それゆえに、親自身が変わろうと努力をすることが大切です。

そして結果を出すことが、子どもの貧困をストップさせる効果的な方法だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金が貯まる考え方