毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

年金支給日のたびに金を無心する孫。最悪の結末で考えさせられたこと。

      2017/03/03

年金支給日のたびに金を無心する孫がいました。
このニュースで考えさせられたことがありましたので、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

年金支給日のたびに金を無心する孫。

東京都調布市の都営アパートに在住の山本一夫さん(89歳)。
そして、山本一夫さんの孫である山本裕也容疑者(23歳)は、昨年夏ごろから『頼れるのはおじいちゃんだけ』と、年金の支給日が来るたびに、祖父の一夫さんから2万~3万円を無心していたのです。

しかしながら、一夫さんの生活も楽ではありません。
そのため、孫の依頼に難色を示し始めたのでした。

最悪の結末を迎えました。

祖父である山本一夫さんは孫の態度に困っていたのです。
そして、山本裕也容疑者は年金支給日の2月15日に一夫さんを訪れたのでした。

山本一夫さんは孫のお金の要求を断りました。
しかし、山本裕也容疑者は祖父に逆ギレ。

山本裕也容疑者は、山本一夫さんをハサミで顔や頭を刺して殺害。
現金2万3000円の入った財布を盗んで逃走。

2日後の17日に自分の給料9万円を口座から下ろしました。
しかし、逮捕時(27日)の所持金は15円。
山本裕也容疑者は、ギャンブルで使い果たしたらしいということなのです。

山本裕也容疑者の育った環境とは

2月28日の日刊ゲンダイさんの記事によると、山本裕也容疑者の幼少期はおじいちゃんっ子だったということです。

山本裕也容疑者の両親はほとんど家におらず、彼が2、3歳になるまで一夫さん夫婦が面倒を見ていました。
その後、施設に預けたということ。

それでも休みになると、山本裕也容疑者は一夫さんのところに帰ってきていました。
ただ、だんだんグレ始め、少年院に入ったこともあったということです。

山本裕也容疑者はトラブルメーカーでした。

山本裕也容疑者は都内の高等専修学校を卒業。
その後は、塗装業などの職を転々。

新宿・歌舞伎町のホストクラブでも働いていたということです。

元同僚ホストは
「昨年初めごろから半年ほど働いてましたが、態度が悪く、注意してもほとんど言うことを聞かないヤツでした。服装もダサくて、周りから服や食事を恵んでもらってた。女性を店の寮に連れ込んでばかりしていたので、『いい加減にしろ』って怒ったこともあります。店のオーパス・ワン(カリフォルニアの高級ワイン)を勝手に売って、店長にボコボコにされたこともありましたね。それでも住む家がないから、かわいそうだとクビにはならなかったのに、ある日突然、飛んで(消えて)しまって、とことんクズだな~って思ってました」

そして、裕也容疑者はホストを辞めた昨年夏以降、祖父の山本一夫さんに激しく金をせびるようになったのです。

山本一夫さんの知人の話では
「時には怖い人と連れ立って来たこともあった。一夫さんが居留守を使うと、ドアをガンッと蹴り飛ばしていた。それでも一夫さんは孫をかわいがっていたように思います。昨年秋に肺の手術をして、『元気になった』とうれしそうに話していたのですが」

山本裕也容疑者はトラブルメーカーに変わってしまったのでした。

スポンサーリンク

おじいちゃんは無念だと思います。

赤ちゃんから可愛がっていた孫に殺されることは本当に不憫だと思います。

それも、たった23000円という金額。
真面目に働ければ、数日で稼げるお金なのです。

本当に残念な話です。

私はこのような事件が二度と起きないことを願っています。
山本一夫さんのご冥福をお祈り申し上げます。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗