毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

さだまさしさんの借金が膨れ上がった理由。しかしなんとか返済させた方法とは。

      2017/01/07

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bcシンガーソングライターのさだまさしさん。
多くの大ヒット曲を生み出しました。

また、トークも魅力的なさだまさしさん。
文化放送で放送されていたラジオ番組「さだまさしのセイ!ヤング」 (1981-1994)は大変印象的だったのを思い出します。

しかしながら、さだまさしさんは借金を背負っていた時期もあったのです。

スポンサーリンク

シンガーソングライターとして成功したさだまさしさん

さだまさしさんは「雨やどり」「関白宣言」のヒット曲で一躍有名になりました。
デビュー6年で売り上げ650万枚。

これらのヒット曲で稼いだお金は2億円。

しかしながら、さださんには映画を作成したいという夢を持っていたのです。

映画作製が借金のはじまりでした。

さだまさしさんは映画を作成したいと考えていました。

28歳の時に自身が監督したドキュメンタリー映画「長江」を撮影することを決断。
さださんは「長江の最初の一滴を見たい」という言葉を実現した映画だったのです。

しかしながら、その当時は中国での制限が厳しかったのです。
中国での撮影許可や空撮のための中国軍ヘリのチャーターに巨額の費用がかかりました。

また180時間まわしたフィルムは360キロメートルにも及び、フィルム代だけでも7000万円が必要でした。

100人以上のスタッフの人件費は膨大なものとなり、撮影機材を日本から持ち込んだことでも費用がさらに発生。

撮影期間が1年半に及んだことにより、多くのお金が必要にもなりました。

その結果、制作費はふくらみ、28億円(金利を含めると35億円)もの巨額負債を背負うことになってしまったのです。

借金を返済するためにさだまさしさんが取り組んだこと。

さだまさしさんは、借金を返すため、年間180 回ものコンサートを行いました。
しかしながら、歌いすぎてのどをつぶしたら歌を歌うこともできません。

そこで思いついたのが、のどを休ませるためにトークを増やすというテクニック。

さださんは、楽曲演奏はもちろんのこと、合間のトークや、本格的な小噺(中学・高校時代には落研にも所属)、寸劇なども取り入れ、持てるものすべてをお客さんに提供して楽しんでもらうように心掛けました。
結果的に、さださんのコンサートには多くのお客さんが訪れるようになったのです。

さだまさしさんは借金を返済しました。

さだまさしさんが58歳の時の2010年。
およそ30年をかけて、35億円の借金完済させたのです。

この経験でさだまさしさんは「過去は変えられる」という教訓を学びました。
また、お金に関しては「借金は絶対にしてはダメ」ということも同時に学んだということです。

スポンサーリンク

借金はできる限りしないようにすることが大切です。

住宅ローン。
奨学金。
リボ払い。
サラ金。

これらは、すべて借金なのです。

借金があると、心の余裕がなくなります。
お金がないということは、精神的に不安定になるのです。

それゆえに、借金を無理してするのであれば、そのモノを諦めることが必要だと思います。
まずは、借金をする前に、貯金ができる体質にすることが先決です。

私自身も、借金体質から貯金体質に変えるために、ブランドモノを身につけることをやめて、身の丈に合った生活を心掛けるようになりました。

できる限り借金をせずに、計画的にお金を管理することが本当に大切だと私は考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金の失敗