毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

下流老人にならなかった人。おじいちゃんの話で考えさせられたこと。

      2016/12/15

仕事老後を迎えても、お金がなくて苦しんでいる人がいます。
日本の社会は、少子高齢化社会へ突入。
今後も、厳しくなっていくと私は考えています。

私の身近なおじいちゃんは、下流老人になることはありませんでした。
そのおじいちゃんのお話をお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

高校卒業後は大手スーパーに就職しました。

現在68歳の鈴木さん(仮名)。
高校卒業後は、ある大手スーパーに就職。

鈴木さんは30代前半で、小型店舗の店長を任せられました。
その後も順調に出世。
30代後半には、大型店舗の店長として働いていたのです。

年収も600万円台。
仕事は激務でしたが、充実した毎日を過ごしていました。

しかしながら、鈴木さんの知り合いから、おもしろい仕事があると紹介。
40歳の時に医療業界に転職することになったのです。

転職後も給料は順調に増えていきました。

鈴木さんは、外資系医療機器メーカーに転職。
役職はマネージャー職。
年収は800万円。

競合他社が少なかったために、その外資系医療機器メーカーの売上は右肩上がりで伸びていきました。

しかしながら、鈴木さんが50歳になると、前職の総合スーパーは、業績不振に陥りました。
45歳以上の社員は、理不尽なリストラ。
鈴木さんの多くの同僚は、総合スーパーを去ることになったのでした。

定年を迎えた鈴木さん。同業界の競合他社に転職をしました。

60歳で定年を迎えた鈴木さん。
外資系医療機器メーカーでは65歳まで在籍することが可能でした。

しかしながら、鈴木さんは同業界の国内医療機器メーカーに転職。
以前よりも給料は下がりましたが、仕事量も少なくなったために、プライベートも充実できる環境になったのです。

しかしながら、鈴木さんが勤務していた外資系医療機器メーカーは、鈴木さんの転職後に売上が低迷しました。
50歳以上は段階的なリストラ。
鈴木さんは、危機一髪で同業他社に転職をしたので、理不尽なリストラの被害にあうことはなかったのです。

スポンサーリンク

万が一に備えて自分自身をスキルアップさせることが大切だと思います。

鈴木さんは私に話しました。
「今まで仕事運に恵まれた。もし転職の時期を誤っていたら、仕事とお金に困っていただろう。私は本当に運が良かったと思う。」

私は、鈴木さんのように仕事や運を引き寄せる方もいると思うのです。

しかしながら、人生はいつどうなるかわかりません。
運が悪ければ、会社による理不尽なリストラに遭遇する可能性があるのです。

それゆえに、万が一に備えて、お金を稼ぐ手段を確立することが大切だと思います。

仕事の能力を伸ばして、他社にも転職できる力を身に付ける。
本業以外にも、お金を稼ぐ方法を確立する。
夫婦共働きにより、万が一相方に何かあってもお金に困らないようにする。

少子高齢化社会により、さらに厳しくなる日本社会。
それゆえに、早め早めの対策が、下流老人にならない方法だと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流老人