毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

ボーナスがでても要注意。お店の裏側で起きていること。

      2016/12/13

お金01ボーナスにより財布の紐もゆるくなる季節だと思います。
しかしながら、賢い消費者とカモにされてしまう消費者がいます。

消費者がカモにされないためにはどのようにすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

大型家電量販店は厳しい販売目標があります。

大型家電量販店に勤務している松本さん(30歳)(仮名)。

最近では、家電量販店の売上は低迷しています。

競合家電量販店の価格競争。
外国人顧客のインバウンド需要の低下。
インターネットショッピングの利用者の増加。

多くの消費者は、実売店でモノを購入することが以前より減っているということです。

そのため、松本さんは、毎日、厳しい販売ノルマ。
そして、上層部からのプレッシャー。

さらに、お店で設定している、販売しなくてはいけない「推奨品」もあるのです。

おすすめ商品を聞いてくるお客さんは絶好のターゲットです。

松本さんは厳しい販売ノルマを抱えています。
それゆえに、「おすすめ商品」を聞いてくる消費者の方は、絶好のターゲットなのです。

なぜなら、お店で設定している「推奨品」を販売するチャンス。
そのような「推奨品」は、お店にとって「売上アップ」と「高利益率」商品なのです。

過酷な販売目標があるために顧客ファーストになれません。

大型家電量販店に勤務の松本さんは、厳しい販売目標を抱えています。
それゆえに、顧客ファーストになりたいけど現実は大変厳しいのです。

そして、残念ながら企業ファーストにならないと会社では生き残れないという現実もあるのです。

なぜながら、その家電量販店の従業員の平均年齢は30歳。
毎年多くの新入社員が入社します。
しかしながら、毎年、多くの社員も退社しているのです。

それゆえに、松本さんは本当に販売したい商品を販売できないという葛藤もあるのです。

スポンサーリンク

賢い消費者になるために必要なこと。

賢い消費者になるためには、事前に本当にほしい商品を調べることが大切です。

競合他社製品と比較して優れているところと劣っているところ
過去1年間の販売価格の推移
競合店舗との販売価格差
今後の新製品が発売されるか否か
使用者の口コミ
アフターサービス

事前に購入したい商品をよりよく調べると商品購入の失敗のリスクが減るのです。
そして、それらの商品は愛着も湧きます。
それゆえに、長く大切に使うことができ、長持ちもします。
結果的に、コスパがよく、お金を無駄遣いすることがなくなるのです。

それゆえに、自分自身で綿密に調査をすることが大切だと思います。
私自身も本当にほしいモノを厳選して、モノを大切に使っていきたいと考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, 支出を減らす方法