毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

交通事故の加害者になった人。多額の借金を背負ってしまった理由。

      2016/11/21

加害者交通事故が多発しています。
特に高齢者の方による割合が増えています。
運転操作ミスなどには気をつけないといけないと考えています。

日刊SPA!さんの「運転中のスマホで死亡事故を…1億2000万円の賠償金を背負うことになった男の人生」という記事を読みました。

考えさせられた内容でしたので、お伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

交通事故の加害者になった人。

配送トラックのドライバーをしていた刈谷保さん(仮名・49歳)。
刈谷さんの人生は、3年前のある日急転してしまったのです。

まだ人通りのまばらな朝6時頃でした。
刈谷さんは、いつもの配送ルートを運転。

そのとき、ハマっていたスマホゲームのアプリをつい開いてしまったのです。
それが不幸のはじまりでした。

片手でスマホを操作しながら、交差点の信号が青になったところで右折。
しかし、その瞬間、助手席側に「ゴツッ」と鈍い音が響きました。

なんと、頭から血を流した男性が倒れていたのです。

刈谷さんは、横断歩道内にまだ人がいたことに気づかずに走り始めたのです。
一瞬で頭が真っ白になってしまいました。

1億2000万円の賠償金を支払うことになりました。

残念ながら、被害者の男性は3日後に息を引き取ってしまいました。

その後、行政処分で刈谷さん個人に80万円の罰金命令。
さらに会社と被害者側で慰謝料交渉が行われました。

提示されたのは1億2000万円もの賠償金。

刈谷さんは、会社は遺族に言われた金額をそのままのんだのだと考えています。
分担は会社側が4000万円で、私が8000万円。

刈谷さんが会社の倍の負担になったのは『ゲームをしながら運転していたオマエが悪い』という理由です。
刈谷さんが悪いのは事実ですし、反論する冷静さもなく、受け入れました。

いま思えば、社用車なので自賠責保険に入っていたはずですが、刈谷さんは確認できなかったということです。

刈谷さんの転落人生がはじまりました。

刈谷さんは姉夫婦の家に居候させてもらいました。

転職した会社の手取り月22万円。
最低限の食費を差し引いた20万円を返済に充てています。

服は、ホームセンターで肌着を買うくらいです。
3着で160円に値引きされることがあるので、そのとき購入しています。
それ以外は購入していないといことです。

刈谷さんは3年間で約600万円の返済。
自分を戒める意味でも、全力で返済を続けているということです。

スポンサーリンク

転落人生にならないためには

交通事故は誰でも起こす可能性があります
加害者にも被害者にもなりえます。

しかし、加害者になることは避けなければいけないと思います。

もし加害者として重大な事故を起こせば、
●被害者に迷惑をかける。
●被害者の親族や家族に迷惑をかける。
●賠償金が必要になる。
●賠償金により、自分の家族や親族にも迷惑をかける。

転落人生のはじまりになってしまうのです。

そして、交通事故で自分の人生と被害者の人生の両方が終わってしまいます。

それゆえに、交通ルールを守ることが大切です。
刈谷さんのようにならないように、交通ルールを守って、家族を困らせないようにしようと私は改めて考えさせられました。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 下流中年