毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

同じ収入でありながら貯金に差がついてしまう理由。

      2017/10/16

お金10収入が同じでも貯金ができる人とできない人がいます。
それにはちょっとしたコツがあると思うのです。

その理由をお伝えします。

スポンサーリンク

貯金ができない人

貯金ができない人がいます。
毎月の使用できる金額を項目ごとに決めています。

しかしながら、月末になるとお金が足らなくなります。
そのために、クレジットカードやサラ金などの借金をしてしまうのです。

結果的に、毎月の目標金額よりも、支出は予算オーバー。
足りないお金は、ボーナスで補填。
貯金を全く貯めることができない人なのです。

貯金ができる人

貯金ができる人がいます。
お金が貯まることができる人でも、毎月の使用できる金額を項目ごとに決めています。

そのような人でも月末になるとお金が足らなくなることもあるのです。
しかしながら、貯金ができる人は、予算内でお金をやりくり。

クレジットカードやサラ金などの借金をしないのです。

そのため、毎月、一定額の貯金を続けることができます。
結果的に、毎月の積み重ねにより、多くの年月が経つと、いつの間にかに貯金が貯まっているのです。

お金の苦労をしなければ貯金体質にはなれません。

私の毎月の小遣いは月に20,000円。
月初に多くのお金を使ってしまい、月末にはお金が足らない状態に陥ることもあります。

しかしながら、お金が足らなくなってしまったのは計画性のなかった自分自身の責任。
自業自得なのです。

それゆえに、お金が足らなくなってしまった月末には、自分自身の反省を込めて、お金を使いません。

人間はお金の苦労をしないと貯金体質になることはできないと私は考えています。

スポンサーリンク

貯金体質になるためには計画的にお金を使うことが大切です。

貯金体質になるためには、自分が決めた設定以内でお金を使うことが大切です。

自分が決めた以上のお金を使う人は、毎月予算オーバー。
お金を貯めることはできない人なのです。

貯金体質になるためには計画的にお金を使うこと。
お金を使い過ぎてしまった場合は安易に借金をしないこと。

日頃の生活習慣が貯金体質になるコツだと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, 貯金の方法