毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

退職金が激減。老後が苦しくなる現実。

      2016/11/04

家族1本日も「毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ」へのアクセスありがとうございます。

さて、日本企業では退職金が減らされています。
週刊ダイヤモンドさんの「日本企業の退職金が急減!社内格差も拡大した理由」という記事を読みました。

私は日本企業の現実を理解することが大切だと考えています。
それゆえに、こちらの記事の内容を抜粋してお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

10年間で日本企業の退職金が激減。500万円以上も下がっています。

企業が定年退職を迎えた社員たちに支払う退職金。
しかしながら、その金額が減少し続けているのです。

週刊ダイヤモンドさんの下記資料をご覧下さい。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e9%80%80%e8%81%b7%e9%87%91%e3%81%ae%e6%8e%a8%e7%a7%bb%e3%80%802008%e5%b9%b4%e3%81%8b%e3%82%892013%e5%b9%b4
退職金の金額の分布を企業規模別に比較。
2008年と2013年では退職金が500万円以上も減らされているのです。

今後も退職金を老後資金として当てにできない状況が続くと思われます。

4社に1社は退職金制度を廃止。退職金がなくなる世の中に移行しています。

退職金制度は、従業員の長期勤続や優秀な社員の採用、そして退職後の生計を支える目的で日本企業に定着。
1970年代から90年代にかけては9割もの企業が導入していました。

週刊ダイヤモンドさんの下記資料をご覧下さい。
%e9%80%80%e8%81%b7%e9%87%91%e3%81%ae%e5%b0%8e%e5%85%a5%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%80%801990%e5%b9%b4%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%892000%e5%b9%b4%e4%bb%a3

退職金制度は、2000年代に入って減少に転じました。

2013年は75・5%と半世紀で最低水準に減少。
4社に1社は退職金制度を廃止しているのが現実なのです。

私が勤務している企業も退職金はほとんどありません。

私は、中小企業の医療機器メーカーに勤務。
退職金はほとんどない企業なのです。

10年勤務で退職金は約50万円。
20年勤務で退職金は約200万円。

退職金が老後の資産になることはないと私は考えています。

スポンサーリンク

生活を見直すことが大切だと思います。

老後には3000万円が必要だとも言われています。
しかしながら、退職金は当てにはできません。
給与も伸びることはありません。

それゆえに、日々の生活を見直すことが大切だと私は考えています。

必要なモノにお金を使う。
不必要なモノにはお金を使わない。

我が家も、家計の抜本的な見直しをしました。

また、今年から確定拠出年金を活用。
我が家では、毎月55,000円を積み立ているのです。

老後破綻を避ける方法。確定拠出年金を利用して我が家はお金を効率的に貯めはじめます。
↑確定拠出年金について

老後破産を避けるためには、生活費の見直しと、時間をかけて老後資産を貯めていくことが大切だと感じています。
退職金制度は変わることありませんが、自分自身であれば変えることは可能です。

毎日のちょっとした日頃の習慣が、老後も困らない生活を手に入れることができるのでないかと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 老後