毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

お金を貯めたい人へ。お金の話がタブーなのは多くのデメリット。マネープランで必要なこと。

   

家族お金が貯まらない夫婦と貯まりやすい夫婦がいます。
なぜ、そのような差が発生してしまうのでしょうか?

週刊プレジデントさんの「「お金の話がタブー」な夫婦の子は、勉強も自立しない」という記事を読みました。
大変参考になる記事でしたので、その内容を抜粋してお伝えします。

スポンサーリンク

お金が足らないと言われたたら

妻が、夫や子供の前でつぶやきました。
「お金が足らない・・・」

あなたが夫なら、どのように感じるのでしょうか?

理不尽なことを言っていると思う人

自分の稼ぎが少ないことを妻が責めていると考えてしまう人です。

自分は一生懸命に仕事をしている。
残業も上司とのお酒の付き合いもしている。
そして、ストレスも抱えている。

妻は理不尽なことを言っていると考えてしまう人です。

お金の対策をしようとする人。

最近は、出費が多かったので困っているのであろう。
税金も徐々に増えているから苦しいのであろう。

ここは自分も節約に努めよう。

また経済事情を包み隠さずに言ってくれてよかった。
一緒に、どのようにしたらよいかを考えようとする人です。

お金の話をしないと価値観の不一致が起こります。

お金は、人生をより良く生きるための道具です。
それゆえに、お金を有効的に使うためには、お金談義が必要なのです。

しかし、日本人は、収入はその人の能力や評価を表す指標として考えています。
そのため、多くの人はお金の話は苦手です。

また、収入はその人の仕事の「出来や不出来」や「その人の能力を判断。」するツールとして使われています。
それゆえに、「お金が足らない。」と言われた時に、自分自身を否定されていると感じてしまう人もいるのです。

お金の話ができない夫婦のデメリット

お金の話ができない夫婦の環境であると、お金を有効的に使える可能性が少なくなると私は考えています。

無用な摩擦を繰り返す可能性が高くなり、夫婦間のギャップが広がっていきます。
現在のお金の使い方や将来のマネープランを話しにくい環境のために、お金の計画ができにくくなります。
相手が何を考えているかわからないために、お金の不安に陥ります。
最終的には、お互いに信頼できなくなり、最悪の結末になる場合もあると私は考えています。

スポンサーリンク

夫婦でお金の話をすることが大切です。

私は夫婦でのお金談義が必要だと思います。
健全なマネープランは、お金の無駄遣いのリスクを減らすと考えています。

相手がお金についてどのように考えているのか?
お金の稼ぎ方や使い方や投資方法をどのようにするのか?
今後はどのくらいお金を貯める計画なのか?

お互いを理解するためには、毎日の会話が必要だと思います。
日々のちょっとした心掛けがお金のすれ違いを減らすコツです。
その家族が満足するマネープランを考えて実行することが、毎日楽しく幸せに過ごす方法なのでいないかと私は考えています。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - お金について, お金が貯まる考え方