毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ

毎日楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫とコツがあります。お金・節約・貯金・健康・教育・生き方などについてブログを書いています。

逃げ切り世代になれるのか。掛け込みセーフは何歳まで。

      2016/10/22

money週刊ダイヤモンドさんの「逃げ切り世代・掛け込みセーフは何歳まで」という記事を読みました。
私自身も考えさせられる内容でしたので、お伝えさせていただきます。

掛け込みセーフの年齢とは

週刊ダイヤモンドさんの記事よると、何歳までが得をするのか、損をするのか。
掛け込みセーフの年齢についても、詳しく書かれています。

ちなみに、
●世代年収(国から受けるサービスと税金などの支払いのトータル)は、55歳以上が払い得。
●社会保障(年金・医療・介護)については、1970年生まれ以降は損をします。
●賃金は、若い人ほど上がりません。
●リストラは、低年齢化が進んでいます。
ということです。

年齢が若ければ若いほど、日本では損をするシステムになっているということです。

スポンサーリンク

私が社会のシステムについて考えていること

現在の社会のシステムでは、賃金は上がりません。
40代のサラリーマンがリストラをされて、下流中年に陥っています。
社会保障は、少子高齢化により、今後も税金が増えると思います。
年金の受給開始年齢も、65歳から変更されるかもしれません。

日本の人口が増えなければ、GDP(国内総生産)は増えないと思っています。

それは、若者が正社員になれない現実。
正社員になれないので、収入が増えない。
収入が増えないので、結婚ができない。
結婚ができないから、子供が増えない。

私は、出生率は今後も増えることはないと考えています。

出生率が増えないので、人口が増えません。
人口が増えないので、日本のGDPは増えません。

現状としては、私自身は、仕方がないことだと、ある意味悟っています。

スポンサーリンク

自分自身であれば変えることができます。

社会システムを変えることは大変です。
しかし、自分自身の意識を変えることは簡単です。

私は、下流老人にならないように、お金について勉強。
自分自身の防衛手段のために、ブログを書いています。

そして、若干の副収入をいただいております。
アクセスしていただいている皆様には、本当にお礼を申し上げます。

私は、自分自身の意識を変えることにより、社会に頼らなくても自立できると考えています。
厳しい世の中を生き抜くには、なるべく早くからの行動が大切です。
後悔しない人生を送るためにも、お金について真摯に取り組むべきだと思います。

私自身も、下流中年や下流老人にならないように、日々努力していきます。

本日もアクセスしていただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただくと嬉しいです。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

●お金の貯め方を勉強したい方はこちらブログ村 家計管理
●節約方法を極めたい方はこちら人気ブログ 節約術

スポンサーリンク

 - 老後